リリース

【第8回 ゴルフショップマジック大試打会〜メーカーレポート】

img_7588img_7590img_7595
現在、トッププロから一般ゴルファーまで幅広くスチールシャフトが認知されている日本シャフト。

今回も、
「自分に合ったスチールシャフト」を決めるべく
ツアーサービスにもサポートしている石橋氏が
丁寧にお客様へフィッティングを行っていました。
img_7598img_7594
お客様が熱心に試打していたのは〈N.S.PRO MODUS TOUR 105〉スチールシャフト。

米PGAツアーも使用者がいる新しい中量級のスチールシャフトです。

このシャフトは
軽量シャフトの長所である
ヘッドスピードアップの恩恵と方向性の高さ・安定感が好評を得ているモデル。

しなりを感じる抑えめなフレックスの試打クラブでも、再現性と方向性の高さにお客様は舌を巻いていました。
『MODUSU』シリーズシャフトは、重量や挙動の異なるラインナップがとにかく豊富。

より軽量を求めるゴルファーに『ゼロス』シリーズが加わり
やさしい振り心地を求めるゴルファーには『N.S.PRO』シリーズを含めると

3つのブランドから最適なスチールシャフトを選べるブランドになりました。
img_7588s__29974530「PCM」誌では、スチールシャフト特集時に日本シャフトのスチールシャフトを計測・試打してデータを開示しましたが

その後に発売されたシャフトデータを合わせ更新を本誌でも行う予定です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事