リリース

s__30580744ダンロップ〈NEW スリクソンZ-STAR〉ボール発表会では、

松山選手が自身のドライバー使用について語ってくれました。
img_9056img_9105
ゴルフ用品界・片山代表からは、こんな質問が。

「プロV1に比べて〈NEW スリクソンZ-STAR XV〉
ボールは優れていますか?また、長年愛用していたドライバーを新しいスリクソンではなく他メーカーのモデルを使用している理由は?」

の問いに、松山選手が明確に回答してくれました。
img_9115
松山選手は
「もちろんプロV1は僕も打ったことがあります。〈NEW スリクソンZ-STAR XV〉はフィーリングも性能も負けてないと思います」

と他社製品を落としめることなく、自身の選んだ〈NEW スリクソンZ-STAR XV〉ボールが優れていることを強調しました。

話題の?ドライバー使用については、
「実は以前から使用していたヘッドが割れてしまったんです。今は暫定的に色々試した結果、他社の物を使っていますが、スタッフの方に調整して作ってもらっています。来年は、ダンロップのドライバーを使用していると思います」
とコメント。

果たして本当だろうか?

PCM編集部は独自調査で事実確認を行うことに成功。松山選手に対するツアーサービスの現場を知る者から話を伺った。
「松山選手硬くて重いシャフトスペックを好むことは周知のことだと思いますが、もう一つ。
以前まで使っていたスリクソン〈ZR-30〉は非常に彼が気に入って何十個もストックヘッドを持っていました。通常の選手は単なるスペアヘッドの意味が強いのですが、松山選手の場合は高いミート率とヘッドスピードに加えて豊富な練習量でヘッドが割れてしまいます。
スリクソン〈ZR-30〉のヘッドはボディのしっかりしたヘッドで、とても割れるタイプのドライバーではないですが彼のパワーと同じ場所でずっと打ち続ける高いミート率で金属疲労が起きるのでしょう」
「今年、スペアヘッドがついに【あと1個】になってしまったんです。最後のヘッドが割れて現在の状況がありますが、周りが憶測するようなことは考えにくいですね」

「人一倍クラブにこだわりがある」とスタッフが舌を巻く、松山選手。

彼をサポートするダンロップとの深い信頼関係が周囲にも伝わる発表会でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事