リリース

S__32096281
1/12(木)13時〜

第6回マーク・マイクロ・トーナメントに牧智也(まき・ともや)プロが初参戦した。
残念ながらPCM編集部は都内で取材のため現地には行けず、牧プロ本人に写真を撮ってきてもらった。

しかも今回、
牧プロはMMTのクラブ本数制限やルールも詳しく分からず、会場の赤羽ゴルフクラブでのラウンドも初めて。

そこで、日刊スポーツ新聞社サイト内で
川田和博(かわた・かずひろ)氏が執筆している

超人気ゴルフコラム『ゴルフ体験主義』

http://www5.nikkansports.com/sports/golf/column/taiken/top-taiken.html

のラウンド「赤羽ゴルフ倶楽部 前編」「赤羽ゴルフ倶楽部 後編」バックナンバーを見て【妄想ラウンド】のみで試合に臨んだ。

S__32096281
クラブ調整は、グリップをムジーク「ドライコンパウンドソフト」に変えたが、

重要なのは「プロ4本ルール」の番手選び。

牧プロはスタートギリギリに、3W、7I、AW、PTをチョイスした。
s__30351422
結果は、−1で優勝した今野康晴プロと1打差の、単独4位に終わった。

牧プロは、
「マーク金井さんにご挨拶したところ、非常に優しく接していただき感謝しています。
また、本当に良い雰囲気で試合感覚を味わうことができました。

結果に関してと言うより、残り距離を考えながらティーショットをすることや、中途半端な残り距離をコントロールして打つ難しさを感じました。

ラッキー、アンラッキー両方ありましたが非常に勉強になりました」

とコメントしてくれた。
S__66052102
なお、第6回MMT企業サポーターは以下のとおり。

阪神交易 ダンロップスポーツ プロギア ユニバーサルゴルフ USTマミヤ 
アドミラル フジクラ リンクス パーゴルフ コンポジットテクノ ヤマト徽章(きしょう)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事