リリース

S__33300495
今週発売された【週刊パーゴルフ2/14号】では、

先日緊急来日したJ・スピースが自らのスイングについてリアルに語っています。
S__33300496
記者然とした、高桑編集院の文章からはスピース選手の言葉を湾曲した印象は全く感じません。

が、彼のスイング論を「個性的」と言われる可能性があるほど

「日本ではタブー視」されているスイングを「理想」と語っています。
S__33300498
スピース選手のスイング向上の「キーポイント」は

・バックスイングで身体の捻転と右への体重移動を増やす
・左足の「めくれ」を技術として確立させる

と言うもの。

現在日本では、重要視している人間はほとんどいません。

「この事実」を、みなさんはどう感じるでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事