リリース


ゴルファーはなぜ?ドライバーばかりを次々に買い換えるのでしょうか?

なぜ?新しいモデルに心踊るのでしょうか?

【PCMラボ】では、毎年発売される最新モデルの数々を詳細まで
計測し「データベース」を蓄積しています。

写真は、昨年、一昨年のカスタムドライバー時の様子ですが

今見てもワクワクします。

スイングのトレンドが変わり、工業技術と大量生産技術の進歩で大幅にドライバーも変わりました。

そんな中「カスタム」はどんな位置づけなのでしょうか?

ゴルファーにとって「ドライバーの替え時」は、今のクラブに不満や悩みを抱えた時。

...と「販売する側は」言うかもしれませんが、実際は予算の有無に関係なくゴルファーには他にも沢山理由があります。

ドライバー
「ヘッド」や
「シャフト」に
魅力を感じた時、

ゴルファー
の多くは
『替えたい欲求』
を持ちます。

しかし、
「どうやって知る?」のかが難しい問題です。クラブ自らが「使って!」とは言いません。

数多い「露出」によって知る機会の多い人気メーカークラブから発する『魅力』
自分で見つける『喜び」が多いカスタムメーカー。

それぞれのモデルには『使いたくなる魅力』が秘められていますが、

PCMラボの
【詳細計測』と「データベース」には、しっかりと『使われる理由』を見つけることができます。

計測は単なる性能の数字だけではありません。

「欲しく
なる」
ドライバー
には必ず
『理由』が
あります
が、

新しいだけ、
話題だけ、飛ぶだけ、じゃない『もう一つの付加価値』がゴルファーの記憶に残ります。

最近ドライバー替ええましたか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
【9/5発売】超高弾性炭素繊維平織シート『70t カーボンクロス』やマルチフーププライ積層設計、高性 能中弾性炭素繊維『“パイロフィル”MR70』、『MCT®』など最先端の技術と素材による改良を加え、インパクトの 強さを追求すると共に飛距離性能を一段と向上させた『Speeder EVOLUTION VI(スピーダー エボリューション シックス)』
リリース
【9/5発売】超高弾性炭素繊維平織シート『70t カーボンクロス』やマルチフーププライ積層設計、高性 能中弾性炭素繊維『“パイロフィル”MR70』、『MCT®』など最先端の技術と素材による改良を加え、インパクトの 強さを追求すると共に飛距離性能を一段と向上させた『Speeder EVOLUTION VI(スピーダー エボリューション シックス)』
 藤倉コンポジット株式会社(本社:東京都江東区有明、代表取締役社長:森田健司)は、2014年の発売以来 ご好評をいただいているフジクラシャフ...