リリース


大手メーカークラブの純正シャフト採用、カスタムシャフト

ともに非常に好調なフジクラシャフト。

リーディングシャフトカンパニーは、早くも「次の手」を見せていました。

アフターマーケット専用ブランド「デュエル」シリーズには新たに

《DIAMOND Speeder》が仲間入り。

HPでもコンテンツ発信を活発に行っているとのこと。
http://www.fujikurashaft.jp/
甲斐氏にお話を伺ってみると、

《DIAMOND Speeder》は、
素材の選定と製法のこだわりはもちろん、フジクラシャフトだから出来たものつくりに対する積極性と既成概念に縛られない柔軟で自由な発想と技術が形になったシャフト。

ブース作りにも表れている「ゴルファーに喜んでもらうため」の追求姿勢は、商品を通して多くの来場者に早くも伝わった様子。

毎回新商品は「PCM」ラボでも各種の計測させていただいているが、
「EVOとはどう違うの?」や「ほかのデュエルシリーズとはどう違うの?」など
《DIAMOND Speeder》を含めたシャフトラインナップは気になるところ。


新たに発売したパター専用シャフトも
「飛ばすだけではなく、スコアメイクのためにシャフトがゴルファーにしてあげられる最善」
を尽くした製品。

今年もフジクラシャフトの製品は要チェックなのは間違いない。

「PCM」では、単なる試打だけではなく計測やヘッドとの相性、さらにはほかのモデルとの比較など
よりゴルファーにベストなフジクラシャフトを選んでもらうためのシャフト企画を考えている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事