リリース


セブ島での「食」について

少しご紹介します。

やっぱり旅行先での楽しみの一つは、『グルメ』。


セブ島での食事は、
少しだけ下調べ
していた

「生野菜は食べちゃダメ」
「魚は危ない」の情報は、
一般的なお店では問題なかったようです。

時間は前後しますが、宿泊先から歩いてすぐのところに

ビュッフェスタイルのレストランで朝食をとりました。

フィリピン・セブ島は英語圏(第二母国語?)の地域。

そのせいか、
欧米スタイルのビュッフェは割と一般的のようです。

もちろん様々な国のレストランがありましたが、
周りにパン屋さんが多く目にとまりました。

オムレツを頼むと、担当の男の子が『Enjoy your breakfast』をケチャップで描いてくれました。

なんとなく、ほっこりしました。。。。。

ベトナム「フォー」?は、さっぱりした「うどん」風でした。

味付けは、日本より若干あっさり目

スイーツ好きの筆者は、ふわふわの「ワッフル」に首ったけに。

「セブンイレブン」が近くにありました。

ちょっとスゴイ色のドーナツは、意外と美味しかったです。。。。

「タイ米」風のライスは、匂いもなくサラサラしたご飯。

やや濃いめのおかずが欲しくなります。

話が長くなりましたが、

これからようやくラウンドの話に。

あ、今回宿泊した「パジェット」の話がまだでしたね。
(続く)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事