リリース
シャフトの「剛性」はスイング&ゴルファーにどんな動きを与えるのか?〜『PCM Labo』

「シャフトはエンジン」、では「ヘッド」は何?

PCM筒 村田さん、2018も大手メーカーから新製品ドライバーがたくさん届きました。計測も重心位置などの「静的データ」「GEARS」を使った「動的データ」を計測していますが、

その関係性を見ていると面白いですね!

PCM村田 前に「ALBA」の記事でやった特集以降、ヘッドの持つ役割について色々研究してるけど本当に奥が深いというか、人間てすごい生き物だと思うよ。

P筒 そうですね。例えば「スイングロボット」はティーアップしたボールを「地面に置いた状態から普通に打つ」なんて事はしないですから。

P村田 カスタムパーツも新製品がこれから出てくるよ。

JGFでは「PCMカスタムパーツコーナー」に沢山の新しいカスタムパーツが並ぶから。

P筒 カスタムシャフトも三菱ケミカル「KUROKAGE XD」をはじめ、

フジクラ「Speeder EVOLUTION Ⅳ」

シャフトラボ「ATTASCoooL」

グラファイトデザイン「ツアーAD IZ」

と対峙する新シャフトが出てくるのでしょうね。

P村田 カスタムクラブは、今まで以上に「どれが自分に合うのか?」を探す必要があるね。

P筒 あと、「どのヘッドとどのシャフトが合うのか?」も、ですよね!

カスタムパーツには賞味期限がない

P村田 筒さん、過去の「PCM」誌に掲載された「シャフト剛性データ」なんて載せてどうしたの?

P筒 最新シャフトから「エースシャフト」を探すにしても今までのシャフトデータって比較するのに必要だと思うんです。

それに、「好きだったシャフトの近いのはどれ?」みたいに絞り込みをした上で「自分仕様の一本」を見つけたいな、と。

P村田 そもそもシャフトメーカーも言っているけど、「最新モデルが全て」なんて言ってないからね。

前作シャフトとは異なるターゲットに向けたシャフトを開発したケースの方が、はるかに多いんじゃないかな。

何年か経って「これって一番合うかも!」って話をよく聞くしね。

P村田 いきなりスイング写真載せてどうしたの?

P筒 ここに「動的データ」の面白さがあるんです!知ってるくせに(笑)

P村田 「PCM」リーダーをしてくれてる①マッスル力也さんのダウンスイングは力強いね!今年も「DOCUS CUP」出るのかな?

P筒 ②PCM筒僕のこの時は四十肩が酷くて無理やりスイングしてました。「クセは変わらない」ですが、見た目は今の方がマシですかね。。。

P村田 筒さん!「PCM Labo」の「動的データ」を使ってから表現が変わったね。もっとスイングのことばかり言うかと思った。

P筒 「GEARS」「自分に合った道具」を見つけるのが、今の役割ですから(笑)

 

「静的データ」を人間が「どう動かすか?」が今のテーマ

P筒 村田さん、最近は重心位置等の「内部重心」を測れなくなったモデルが多くなってませんか?

P村田 そうだね。「内部重心計測器」が無いと「針の上に置けない」ヘッドが増えてきたね。

あと、海外メーカーを中心に「新しいギミック」も増えてきた。

P筒 元の「静的データ」が「どこに来るのか?」を見ないといけなくなりました。

ヘッドスピードとしなりの関係性は?

P筒 しかし、③僕の生徒さんの三人で「一番ヘッドスピードが速く見える」のはマッスル力也さん。じゃあ、あとの二人は?

P村田 筒さんが一番遅いヘッドスピードで打った写真には見えないだろうね。同じクラブを打ったのにね。

「しなる」と「しならせる」の違い

P筒 シャフトを「しならせる」ことでスイングの出力を出すタイプと「しなりを感じて」スイングするタイプでは当然シャフトの挙動も変わるのは当然ですよね?

P村田 そこが「好み」の違いだし、いろいろなシャフトに存在意義がある面白いところじゃないかな。

ヘッドスピードが遅い人がすごく剛性が高いシャフトを使った方がよくなることだってもちろんあるしね。

P筒 そこを「GERAS」で見れちゃうところも面白いです!もっと追求しているところですけど。

ヘッド&シャフトの相性も重要だから「どう組むか?」がすごく重要(P村田)

P筒 この「剛性グラフ」見ているだけでワクワクします!「脳内試打」できるし。

P村田 ALBA.Net「ギアコラム」じゃないんだから。。。でも「実際に測った人間だけがわかる」ことはグラフで見えるね。マニアックなことだけど(笑)

P筒 来た人には「結局どんなシャフトが良い」だけにしてます。プレーヤーにとっては結果が重要ですから。

P村田 「答え」も重要だけど、興味を持ってきた人にはプロセスも説明してあげてよ!「データをどう活用するのか」が大事だから。

P筒 わかってます!『PCM Labo』に来る方はポジティブなマインドの人ばかりですから!

そろそろアイアン&シャフトテストも始めよう!(P村田)

次号「PCM」でですか?(P筒)

 

「PCM Labo」 フィッティング(予約制)

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事