リリース
PING新製品発表会〜『G410』シリーズ発売は【前作を上回る性能】に契約プロもぞっこん!?
岡田副社長!今年も「トップインタビュー」に伺います!

3・21新発売『G410』

 ついにPING『G410』シリーズが発表されました!

『G400』のメガヒットに続くドライバーになるのか?はもちろんですが、個人的には「『G410』はどんなクラブなの???」な思いが凄く強いです!

村田 『G400』は、大量のセルイン(ショップ陳列)から始まった訳ではないのに、ジワジワとユーザーが拡大してヒットしたクラブだったよね。

一般ユーザーにつられる様に、契約フリーのプロたちが使用して、更にショップで売れていく「新しい」ヒットの仕方だったんじゃないかな。

「前作を上回る性能が出なければ発売しない」PINGのもの作り

村田 岡田副社長のウィットに富んだ「絶好調報告」は、昨年比170%だって。

『G400』は、ユーザーに高い評価を得て売れた好例じゃないかな。

 もの作りに対する姿勢がすごいですね!今回だって、万が一『G400」を凌駕できなかったら発売しなかった、ということですよね!?

本社の担当者に話を聞こう!(村田)

 さっき壇上していた、本社のライアン・キースさんが来ましたよ!

村田 安斎さん、答えづらい質問もしていい?

ヘッドの「MOI」の合計が9000を超えた、というのは?

ライアン・キース氏(以下ライアン) 左右MOIと上下MOIの合計です。

村田 今回はなぜフルチタンなんですか?

「ドラゴンフライテクノロジー」はやめちゃったんですか?

ライアン 理由は複合しています。『G410』で設計したい重心位置と各種のテクノロジー、そして使用プロでも十分に耐えうる耐久性の両立です。

村田 なるほど。ウエイトをこの位置(後方)の持ってきたのは

どんな意味があるのですか?

ライアン 高いMOI値をキープしつつ、ウエイトによる操作性と直進性の向上を求めた結果、この位置になりました。

 キャメロン・チャンプとか、とんでもないヘッドスピードの使用者がいますから。PING使用プロには!

村田 (色々聞いた後)安斎さん、ライアンさんありがとうございました!

打つよ!『G410』

 発表会のプロたちのナイスショットの競演はすごかったですね!

いっぱい撮影しちゃいました!

ところで村田さん!発表会の後の試打と「ドラコン大会」は?

村田 もちろんするけど。「ドラコン」は筒さんは関係ないじゃん。

 (泣。。。。)

「これはやさしい!」(村田)

「コースだとさらに飛ぶ気がする!」(筒)

村田 なるほど、なるほど。『G410』はこう来たか〜!

 村田さん、トラックマンなのにかなり飛んでます!僕!やっぱり「ドラコン」エントリーしようかな〜

村田 コンちゃん(今野プロ)が314.4ヤードだけど。

オレも、流石に病み上がりだから、今日は300ヤードは行かないけど

打ち出しが高くてスピンが入らないドライバーって好きだね!

 わかりました(泣)、明日のラウンド試打で改めて確かめましょう。。。。

(試打ラウンド編に続く)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事