リリース

真っ直ぐ転がれば、しっかり打ちたい

パッティングにおける「2つの命題」。それは、①方向性と②距離感。

ゴルファーにとって、この命題は常に結果として跳ね返ってくる。

レッスンの世界においては「まず距離感」になるだろうが、一般ゴルファーの感覚では中々そうはいかないのが現実ではないだろうか。

 距離感を重視すると、方向性が極端に悪くなる。

 知らないうちに「真っ直ぐ打ちたくて」ついつい距離感が破綻する。つまり打てなくなる。

 プロなら「イップス」と呼ばれるだろうが、一般ゴルファーは「自分はへたっぴ」と、ネガティブワードが全身を襲いかかってくる。

「へたっぴゴルフ研究所」所長ダ・バード。ゴルフ歴3年のエンジョイゴルファーにもパターへの恐怖は襲ってきた。

EDEL カスタムフィッティング

「パターが上手くいかないのは自分のセンスの無さ」と言われても、実際の「対策」を示してくれる人はどれだけいるのだろうか。

「距離感」と「方向性」は別の要素だが、実際にゴルファーがパッティングをする際には複合要素として問題が起きるのが現実だろう。

センスの前に「ギア」の相性

人気YouTube動画サイト「ringolf(リンゴルフ)」の出演者、ゆっこちゃんは「パターの悩み」を解決するために『PCM Labo』プロファイルフィッティングを診断。

彼女は、EDEL GOLF「パターフィッティング」を通して「自分にあったパターの相性」を知るための「傾向」すなわちプロファイルを知ることになった。

距離感を作るパターの「重量&バランス」

「距離感」と言っても、実際にはパターという道具を介して行うパッティング。パッティングの名手には必ず「名器」がそばにあるもの。

「弘法は筆を選ばず」は美しい言葉ではあるが、パッティングには相性の良いパターが不可欠。

 同じ人間がスイングしてもクラブが変わればヘッドスピードが変わるように、パターが変われば「距離感」も変わると考えるのはおかしな事だろうか。

セミカスタム「インナーバランス」調整も

「ringolf」ゆっこちゃん&じゅんちゃんの二人はフィッテイングを。

「へたっぴゴルフ研究所」ダ・バード、「ゴルフ人間改造計画」PINAはフィッティング後にカスタムパターを製作した。

彼らのその後の様子は、YouTubeチャンネルにてご覧いただきたい。

カスタムパター&フィッティング

【取り扱い店舗の検索&お問合わせ】

EDEL GOLF JAPAN

http://edelgolfjapan.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事