リリース

2ヶ月後に「コースデビュー」でも、時間がない...。

今回の相談者・Sさんは、全くの初心者。

「今からレッスン」と「クラブ」を用意しないといけません。でも、周りの人に聞こうと思っても、何年もゴルフをやっている部下ばかり。しかも、実業団ゴルフに参加するような上級者ばかりで教わるのは色々やりづらい部分があります」(Sさん)

そこで、ある紹介者のもと『PCM Labo』に白羽の矢が立った。

初めてドライバー&いきなり「診断」

『PCM Labo』総合コーチ、筒は「まず診断」を提案。

紹介者は「まだクラブを握ったこともほとんど無いんです。スイングは?」の問いに、

「スポーツ歴はありますか?もちろん、誰にでもこのパターンを採用していませんが、身体つきと立ち振る舞い、そしてメンタルを拝見するにまず一度クラブを振ってみても良いかと思いますが、Sさんいかがでしょうか?」(筒)

「はい!やってみます!」(Sさん)

いきなり「GEARS」プロファイル

ナイスショットこそ出なかったものの、Sさんはドライバーをスイング。

「GEARS」には、はっきりと『クラブ選びの際の相性』つまり【プロファイル】が可視化された。

「上手くいかなかったですが、気持ち良いですね!ドライバー」(Sさん)

ギアの相性→レッスンでは何を?

「次回までにクラブの提案を行います。コースで必要なものを優先して、必要なスイング知識&ギア知識をレッスンします。

次回レッスンにいらっしゃった時に前回の内容を忘れても結構です」(筒)

「そうなんですか?それはありがたい。でも、時間的に間に合うのでしょうか?

」(Sさん)

「大丈夫です!Sさんの傾向から、コースデビューまでのスケジュールも併せて提案します。少しお時間くださいね」(筒)

(続く)

一般ゴルファーも診断可能『PCM Labo』プロファイル診断

【お問い合わせ】info@pcm-lab.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事