リリース

『i500』アイアン

から試打スタート

村田 いよいよ試打ですね!カッコよくて易しいアイアンがイイです。

PING伍井 分かりました。まず『i500』アイアンで打ってみましょうか?

普段は、どのシャフトを使ってますか?

村田 KBS『S-TAPER』Rシャフトです。

PING伍井 まず『i500』アイアンのモーダス105Sでデータを取ってみましょう。

『i500』アイアンは高さを出しやすくて易しいアイアンです。

『i500』7番アイアンで、いきなり181ヤード!

(バシーン!!!)

村田 打感が気持ちい良いっすね!やっぱり『i500』はやさしいな〜。

PING伍井 。。。。。村田さん、飛距離が。

 181.5ヤード!!!

村田 かなりクラブに助けられたけど、フックしちゃったか。

PING伍井 おっしゃってた通りですね。わかりました。

村田 これでも高さはかなり出てますが、これだとグリーンに止まらないし飛び過ぎです。7番で165ヤードくらいで十分なので。もっと上がるクラブの方が良いのですか???

弾道高さより「着弾角度」が重要

PING伍井 村田さん、高さより「着弾角度」に目を向けてみてください。

『i500』アイアンだと打出し角は十分出ていますが、スピンが少ないために着弾角度が浅くなっています。そのために、村田さんの場合は飛距離が出すぎています。

 スピン量が少ないからですか?

PING伍井 その通りです。「スピン量」を多くして、着弾角度をつけてあげればもっとグリーンで止まるボールになるはずです。

村田 なるほど。

「スピンが入ってロフトのある『i210』アイアンにしましょう」(PING伍井)

「PINGのアイアンって種類が豊富ですね」(村田)

PING伍井 飛距離を抑える意味ではシャフト変えましょうか?ダイナミックゴールドくらいの重さに変えますか?

村田 「モーダス105」の振り心地は良いです!このくらい楽な方がコースで安心感あるので。

 無茶言いますね〜!

「分かりました。0.5インチ長くしましょう」(PING伍井)

PING伍井 「モーダス105」よりやや重い「モーダス120」シャフトも打ってもらいますが、振り心地の気に入ってる「モーダス105」の通常長さと0.5インチ長いものを打ってもらいます。

村田 俺の身長が高いから?

PING伍井 手首から床までの高さの【採寸】も関係してますが、シャフト長さで「スピン量」と「重量感」をプラスするのが主な狙いです。村田さんの場合は飛距離も落ち着くんじゃないかと思いますよ。

 なるほど〜!

「長くなってヘッドスピードが上がったのに飛距離が適正に」(筒)

「フックのミスも減った」(村田)

(パシ〜ン!)

村田 うん、「モーダス105」を長くしたアイアンが一番振りやすい!

フックのミスも出てない気がする。

 さっきまでドライバーみたいなロースピン弾道だったのに、かなり飛距離が落ち着いてきましたね。

PING伍井 いかがですか、村田さん?

村田 オレにしては、かなり安定してる。

PING伍井 では、ライ角やクラブスペックをさらに詰めていきましょう。

(続く)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事