リリース

2019JGFジャパンゴルフフェアで

『KEYEK(キーク)』『Megem(ミゲム)』

プロトタイプが登場〜「PCM」NO.33より

インドアゴルフレンジKzイベントの合間に試打したところ。。。。

http://kz-golf.tokyo/

次回イベントは、8/10(土)&8/17(土)

MIRAI GOLF

『KEYEK(キーク)』は可変スリーブ対応

前方のボディ剛性が高い【超高初速ヘッド】!?

試打:筒 康博「PCM Labo」総合コーチ

 今回は、8月発売予定?のMIRAI GOLF『KEYEK(キーク)』最終プロトタイプのカスタムヘッドを試打します。

 『KEYEK(キーク)』のネーミングは、飛ばしの鍵(キー)を取り入れた、新しいMIRAI GOLFのドライバーヘッド。

 設計・開発者の菅 野崇(かんの・たかし)氏によると、週刊ゴルフダイジェスト企画「カスタム選手権」で2連覇を果たしたドライバーのDNAを注入したモデルだそうです。

大きめのFP&バルヂ感じるフェース

シャロー?ミッドバック!?

 一見すると「シャロー」ですが、後方は「ミッドバック」?

今は「洋ナシ」とかの表現は使ってもあまり意味がないので控えておきます。

構えただけでは、つかまりや上がりを想像できませんでした。

 やや大きめの投影面積は大手メーカー海外ブランドを意識した印象です。

しかし、フェース面が少し前に出た(FP大)のヘッドシルエットは

今までにない個性を感じました。

 ちなみに、カラーリングは「もう少し調整するかも」とのことです。

ヘッド前方のボディ剛性【強】

中〜高音の心地良い打球感

 振り心地は、どちらかというとかなり「浅重心では?」と感じるほどヘッド前方の「存在感」を感じました。

 特にインパクトでは、大きめのロフトに「フェースが乗ってる」フィーリングこそあるものの、あっという間に離れていく未体験の打球感。

 打感についても「弾く」「食いつく」の表現には属さない、でも高音に近い打球音は、好きな方が多いのでは?と感じました。

 もちろん、僕は好きです。

UST Mamiya

『Hardlass SMASH』シャフト

https://ustmamiya.jp/hardlass/

動きのあるシャフトとの相性◎

前に行くエネルギーに特化

 UST Mamiya『ハドラススマッシュ』シャフトとの相性は、とっても◎でした!

 ある程度、ダウン〜インパクトにかけてシャフトに動きを感じるクラブに仕上げると『KEYEK(キーク)』はポテンシャルを発揮してくれそうです。

『KEYEK(キーク)』

は幅広いヘッドスピードに対応可能

打出し角はしっかりあるのに、サイドスピンが少なく前に前に飛ぶ「TINIT(ティニット)」スパイスも

 不思議な感覚でした。幅広いヘッドスピードに対応するべく「ロフトは大きめにしている(菅野)」とのこと。しっかりと打出し角があるのですが、

スピンの総数、特に非常にサイドスピンが少なく曲げようにも曲がりません。

決してバックスピン自体が少ないわけではないのですが【シャロー×隠れ浅重心】の組み合わせの妙なのか?今までにあまり体験したことのない弾道でした。

 写真の弾道データは、「1球目」のものです。この後の何球か打ちましたが感覚以上のデータにびっくりしました。

 とはいえ、やっぱり実弾を見てみたいので次号「PCM」NO.35までには改めて試打を行なってみたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事