リリース

【グースネック】って何?

 『PCM Labo』には、【グースネック】の名を冠したウェッジが存在する。

ウィルソン・トップノッチ『グースネック』(SW)が下の写真。

 今では「グースネック」というと「リーディングエッジが引っ込んでいる」ことを意味したり「グース度」などの言葉があるが。。。。

このウェッジのネックは、いったいどのようになっているのだろうか?

ネック形状が由来

Wilson Top-Notch「Goose-Neck」

現代のアイアンに見られるネック形状は、ストレートなものがほとんど。

一方、ウィルソン・トップノッチ「グースネック」を見てみると、ネック部にテーパーがついているのがわかる。

 これだけで「ガチョウの首」すなわち「グースネック」にはならない。おそらく元々は真っ直ぐだったネックを「ガチョウの首」のように曲げたのでは?と想像する。

 製造方法まではここではあえて特定しないが、どちらにしろ「ガチョウの首」のように

ヘッドに向かって「細く曲がっている」形状がネーミングの由来であろう。

FP(フェースプログレッション)

オフセット

じゃあ、【グース】って何なの?

では、現代で使われている「グース」の意味は何なのか?

 テーパーもしていなければ、曲がってもいないネックを「グース」と呼ぶことはおかしいのではないだろうか?

いや、そもそも『なぜネックを曲げる必要があったのか?』を想像してみよう。

「グースネック」SWの

FP値は?オフセット値は?

早速トップノッチ「グースネック」SWを計測してみよう。

 FP(フェースプログレッション)とは、シャフト中心軸からリーディングエッジまでの距離。FP値は、4.6mmだった。

つまり、トップノッチ「グースネック」SWは、中心軸より4.6mm「刃が出ている」。

 一方オフセット値は、ネック外径を図る必要がある。ネック外径は、14.36mmだった。

(ネック外径の半分)マイナス(FP値)イコール『オフセット値』

 ネック外径÷2を求めることで、「シャフト中心軸からネック外径までの距離」を求めることができる。

 FP、ネック外径ともに「シャフト中心軸から」前方に出ているので上記の計算が必要になる。

トップノッチ「グースネック」SWのオフセット値は、2.58mm(0.101インチ)だった。

「PCM」2017データ計測

クリーブランド『 RTX-3』キャビティウェッジ(56度)

FP値:4.7mm オフセット値:2.4mm

 過去の計測データを調べたところ、2017データに近いものを見つけることが出来た。

やはり人気のモデルは、数値の面でも近いものがあるようだ。

次号「PCM」NO.35は『アイアン&シャフト』特集です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事