リリース

ヘッド&シャフトを生かすクラブスペック

村田 ヘッド&シャフトはこれで良いですか?今回は伍井さんに全て預けますから!

 村田さんの振り心地はどうだったんですか?ショット内容は良かったですけど。

村田 良かったよ。でも、それらを含めてフィッターの人に任せてみたい。自分の感覚に頼っても「結局いつもの感じのクラブ」を選んでしまいそうだし。コースに行っても気持ちやテンションで変わっちゃうこともあるから。

でも「丸投げ」にはしない。だから、プロセスには口を挟むよ。

PING伍井 はい(笑)もちろん結構ですよ。

では次に、村田さんの身体に合う「ベース」としてのライ角を探っていきましょう。

PINGフィッティング

カラーコードチャート

村田 PINGさんは昔から【カラーコードチャート】を使っていますね。

PING伍井 はい。後ほど「最適なグリップ太さ」も調べていきます。

 立った時の「床から手首までの高さ」と「クラブ長さ」で選ぶのですね?

PING伍井 アイアンのライ角は、プレーヤーにとっては構えた時のグリップエンドの高さと言い換えることもできます。

 基本的に村田さんの場合は、手首から床までの高さが高いのでPINGの標準仕様よりアップライトなライ角が基本的にはオススメです。しかし、今回は0.5インチ長くすることを考えていますので。インパクト時のライ角も重要になってきます。

村田 なるほど。長くする場合は、ライ角をアップライトにしなくても良い可能性もあると?

PING伍井 先ほどの弾道傾向も加味します。フックを防ぎながら、インパクト時のライ角を探る必要がありますので。

 単にソールのインパクト痕跡でライ角を決めるわけではないのですね!

『超納得』出来ます!

デジタルを全て盲信していない所にクラフトマンシップを感じます。

PING伍井 ありがとうございます。やはり人間が使う「道具」ですから。

「じゃあ、【手元が浮かないように】打ちますね」(村田)

「いえ、【コースのつもり】で打ってください」(PING伍井)

(パシーン!)

 どうですか?

PING伍井 かなりトゥ側にインパクト痕がつきました。

村田さんの場合は、【身体の採寸】から考えても【インパクト痕跡】から考えてもプロパー品ではフラットすぎますね。

村田 前から合わないとは思っていたけど、こうしてしっかり説明してもらうと納得。

 村田さんがレッスン嫌いなのも「手元を浮かせるな」で済ませることじゃなかったからですね。

村田 そもそも世界のトッププロだって、アドレスとインパクトのグリップ高さが同じことなんてないし。『GEARS』開発者のマイケル・ネフ氏も言ってたけど。

理想はソールの中心ですが

PING伍井 クラブ長さ・弾道との兼ね合いを考えて、村田さんは『1度フラット』でいきましょう!

村田 ソールのセンターまで当たってないですが!?

PING伍井 でも、これ以上アップライトだとフックが怖くなりませんか?

村田 その通り!このくらいがギリギリ違和感がないくらいだった。

てっきり「ソールの中心部に跡がつくまで」アップライトにするのかと思ってました。。。。

PING伍井 そんなことはしません(笑)

あくまで個々のゴルファーが「使いこなせる」ことがフィッティングによるカスタムクラブの目的ですから。

実際弾道を見ても、綺麗にボールにコンタクト出来ていますし。方向性と構えやすさを考慮すると適正ライ角はこのくらいにした方が良いと思います。

(続く)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事