リリース

 キャロウェイゴルフ株式会社(東京都港区白金台 社長:アレックス・ボーズマン)は、「JAWS ウェッジ」を、 全国のキャロウェイゴルフ取扱店とキャロウェイゴルフ オンラインストア(callawaygolf.jp)にて、2019年9月20日より、発売します。

 大ヒットとなった「MACK DADDY 4 ウェッジ」の後継版に、キャロウェイは、「JAWS ウェッジ」というモデル名 を冠しました。力強くボールを噛む、バックスピンがグリーンを噛む──。この名前は、性能に対する自信の 表れに、ほかなりません。いちばんの進化ポイントは、新たな形状の溝、37Vグルーブ。従来と考え方を180度変え、溝に緩やかな角度のデザインを採用したことで、フェース上の溝のエッジ部分は、規制の範囲内で 最大限、鋭角なものとすることができました。これによりフルショットだけでなく、短い距離のアプローチでも、 安定して大きなバックスピンを生み出します。もちろん、キャロウェイ独自のマイクロフィーチャーも搭載。かつ てなかったほどの“食いつく”能力を誇る、スピンモンスターとも呼べそうなウェッジの登場です。

溝の鋭い37Vグルーブが ボールにガッチリ食いつく

「JAWS ウェッジ」の最大のポイントは、新しく採用された37Vグルー ブです。2010年導入の溝規制により、大きなスピンを得るべく、鋭 角に溝を彫る場合、その分、フェース上の溝のエッジ部分を鋭くす ることはできなくなりました。しかし、今回の37Vグルーブは逆に、 フェース上の溝のエッジを鋭くするために、溝の彫り方を鈍角にデ ザイン。これにより、フルショットはもちろん、アプローチショットで あっても、安定して大きなスピンが入ることになり、距離のコント ロール性も向上しました。

フェース表面にはNEWマイクロフィーチャー採用

「JAWS ウェッジ」には、キャロウェイのウェッジでおなじみとなったNEW マイクロフィー チャーを搭載しています。従来と発想を逆転させて、溝と溝の間をCNCミルドで凸状にす ることにより、摩擦係数を向上。新しい37Vグルーブとともに、アプローチショットにおいて 安定して、かつてないほどのスピンを生み出します。

アイアンセットからの流れを考慮したフォルム

 ヘッドは、アイアンセットのピッチングウェッジ、アプローチウェッジと大きな差異が出な いよう、形状の流れが考慮されたものとなっています。特に、フェースのトウ側下部のラ インは、アイアンセットのフォルムからスムーズに変化したデザインとなっています。

Wグラインドソールに8°のローバウンス設定を追加

「JAWS ウェッジ」には、CグラインドからWグラインドまで、豊富なソール形状を用意。また、Wグラインド には、ローバンスの8°もラインアップしました(58°、60°で、カスタム対応)。幅広いソールによるミス への寛容度と、フェースの開閉の自在さを兼ね備えたモデルで、上級者からビギナーまで、あらゆるプ レーヤーの選択肢となり得ます。

【お問い合わせ】

キャロウェイゴルフ株式会社 お客様ダイヤル

 Tel:0120-300-147

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事