リリース

世界を目指し世界を越えるための クラブ研究センター

酒田工場の敷地に隣接するクラブ研究センター。

 素 晴 ら し い ア ウ ト プ ッ ト は 、素 晴 ら し い 環 境 か ら 生 ま れ る 。そ れ は ゴルフクラブでも同様だ。本間ゴルフは、クラブ開発から製造工程を 山形県の酒田工場で行なっている。そして、こうした全プロセスの 一翼を担っているのがクラブ研究センターだ。「匠」の技と最新テク ノロジーが融合して生まれたクラブは、すべてここで厳しいテストを 受け、検証・改良を繰り返し、世に送り出される。ターゲットゴルファー のニーズに合うクラブ、HONMAを冠するギアに相応しいかは、 ここでの合否で決まるのだ。

 HONMAが誇るこのクラブ研究センターは、2007年に誕生した。そ れ以前のクラブテストというと、近隣のゴルフ場や練習場を借りたヒ ューマンテストがほとんど。これだと上級者でもミスショットするため テスト結果にバラツキもあるし、コースや練習場の営業にも配慮する 必要がある。また開発拠点の酒田工場からテスト現場までの移動に かかる時間も考えれば、この研究センターの設立はHONMAの悲願でもあった。

 研究センターは、まずボールが打ち出される芝生部分が先に造成さ れ、同年秋に建屋が完成した。建屋がない頃は、テスト用のロボット が屋外にむき出しとなってしまうため、テストの度にロボットを工場 から運ばなければならず、かなりの苦労を強いられていた。室内で試 打可能な打席(2打席)や即座にデータのフィードバックを議論する会 議室などを有した建屋が立ったことで、HONMAのクラブ開発からリ リースまでがよりスムーズになったのだ。

ミ ス シ ョット の 心 配 も 無 用 。 常に均一な条件での ショットデータを 得られるテスト用ロボット。

国内最大級のセンターは コースさながらその距離380ヤード!

 世界レベルの開発による世界に通用するクラブを生み出すのは、世 界基準のテストセンターが必要だ。工場に隣接するこのクラブ研究セ ンターは、奥行きがなんと370ヤード。ロボットからだと380ヤードあ り、そのスケールは当然ながら国内最大級。海外にある同様の施設に も引けを取らない。

 一歩足を踏み入れると、その壮大さに驚かされる。工場とこのセン ターは日本海まですぐのところに位置しているが、左右と奥を防風 林となる松林で囲われているため、風の影響を受けにくい仕掛けも してある。この松林と、手の行き届いた青々とした芝のお陰で、セン ターはさながらゴルフ場のパー4のようだ。実際、ここを訪れたプロ たちはまず驚きの声を上げ「コースの感覚で打てる」と高評価。リア ルなホールと変わらない雰囲気の中で試打できれば、それだけ実戦に近いテスト結果を導き出すこともできるのだ。

リアルなホールと同様の雰囲気も、テストの精度を高める要因のひとつ。

バラエティ豊かなテスト環境 すべてはメジャー制覇のため

深さの異なるバンカーをはじめ、開発へのこだわりが凝縮されている。

 そしてこだわったのは広さや雰囲気だけではない。国内はもちろん海 外やメジャーでもプロたちが活躍できるよう、そしてHONMAのクラブ が世界で通用するようコースのようなコンディションが整えられてい る。代表的なのがバンカーだ。本番のコースでは浅いバンカーや深い バンカーなど、様々なトラップに遭遇するが、ここでもコースさながら の深さの異なるバンカーを配置。様々なバンカーショットによるウェッ ジの性能がチェックできるなど、メジャー制覇を後押ししている。

「コース感覚」と思わせるもう一つの理由がグリーンだ。センターにあ るグリーンは「お飾り」ではなく、週2回のメンテナンスが施されており 実際にパッティングが可能。クラブテストというとウッドやアイアンな どを想起させるが、ここはショットなどのテストだけではなく、パター のテストも可能となっているのだ。

最後の一打まで。 性能の追究に妥協はない。

 本番と変わらぬ環境でテストされれば、それだけ精度の高いギアが 生まれる。HONMAのクラブは、ゴルフクラブを知り尽くした「匠」の 技術と最新デジタルテクノロジー、そして世界に誇れるテスト環境が 織りなすことで、より完璧なものとなるのだ。

(株)本間ゴルフHP

https://www.honmagolf.com/jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事