リリース

 キャロウェイゴルフ株式会社(東京都港区白金台 社長:アレックス・ボーズマン)は、アベレージゴルファー からツアープロまで幅広い人気を誇るオデッセイより、「ODYSSEY TOULON パター」を、2019年12月13日より全 国のキャロウェイゴルフ取扱店とキャロウェイゴルフ オンラインストア(callawaygolf.jp)にて、発売いたします。

  登場から約1年となる「ODYSSEY TOULON パター」から、最新の2020年モデルがリリースです。もっとも大きな トピックは、シャフトのチェンジ。2019年、多くのツアープレーヤーが、自分のエースパターにリシャフトして大き な話題となったSTROKE LAB シャフトが採用されることとなりました。また、装いも新たに、ヘッドにはシルバーPVD仕上げを施し、5機種あるラインアップのうちの2つには、これまでなかったヘッド形状である、「CHICAGO」、 「SEATTLE」を用意。魅力的なルックスに、最新のテクノロジーやトレンドもしっかりと抑え、オデッセイのハイエ ンドシリーズは、一層の磨きがかかったパターへとグレードアップを果たしました。

新たにSTROKE LAB シャフトを採用 パッティングの再現性がアップ

 2020年モデルの「ODYSSEY TOULON パター」には、 「STROKE LAB パター」ですでに高い評価を獲得して いる、STROKE LAB シャフトを装着しました。スチー ルとカーボンの複合シャフトを採用することで余剰重 量が生まれ、これをヘッドとグリップ側に再配分する ことにより、パター全体の重量配分の最適化が可能と なりました。結果、ストロークの大きさやテンポ、イン パクト時のフェースアングルなど、パッティング時の多 くの要素の再現性がアップ。パッティングごとに変化し ていたストロークを、一貫性のあるものへと導きます。

ソールプレートが重くなり、新たにシルバーPVD仕上げも採用

 ヘッドは、クラフトマンシップあふれる、ステンレスス チールの削り出しで、今回はこれまでのチャコール パールPVD仕上げではなく、シルバーPVD仕上げが 施されています。また、STROKE LAB シャフトの採用 により、ソールに装着されたプレートは、従来の7gか ら20gへと重量がアップされています。

ダイヤモンドミル・フェースが生む ボールの転がりとフィーリング

 フェース面には、ダイヤモンドパターン(ひし形)の溝 が深くミーリングされ、さらに、ダイヤモンドパターン内 部に小さな溝が入った、ダイヤモンドミル・フェースが 採用されています。これによって順回転が与えられた ボールの転がりはとても良く、打球感や打球音も、心 地良いものとなっています。また、削り出しのノンイン サートヘッドは、よりソリッドなフィーリングを求めるプ レーヤーに適した、金属系の打球感と高めの打球音 を生み出し、ボールスピードも速めとなっています。

ラインアップには、ニュータイプの「CHICAGO」と「SEATTLE」がデビュー

 ラインアップは、全部で5機種。従来から存在した、ブレードタイプの「AUSTIN」、「SAN DIEGO」、マレットの「ATLANTA」に 加えて、まったく新しいヘッド形状となる、「CHICAGO」と「SEATTLE」も用意されました。「CHICAGO」は、やや幅が広い形 状のブレードタイプで、「SEATTLE」は、「PORTLAND」の外観を持ちながら、ヘッドサイズをアップしたデザインとなってい ます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事