リリース

配信元:ゴルフ迷宮の館 3 FAIRWAY GANG GOLF STUDIO fitting & craft

ご覧頂きありがと〜〜ございます!

テーラーメイドのツアーレップ、クラフトマンのトロッティさんのインスタ記事から。
オーソドックスなスウィングのジェイソン デイ選手のライ角度と、

独特なバックスウィングのウルフ選手では、

ウルフ選手の方がアップライト。

しかも、アウトに上げてインから振り下ろすループスウィングなので、
Zコードという硬めのグリップを片面テープ2枚に両面テープ1枚という太め。
もし、彼が樹脂系のソフトなグリップを使うと、
インパクトのタイミングがズレるので、全体的に硬めのグリップを太めにしてるんでしょう。
グリップが細いと動き過ぎることがあるから。
ヘッドを振れない(走らない)人は細めのグリップで、
走る感覚が出るし、不用意にヘッドを走らせたくない人は、
硬め太めがしっくり来ると思います。
ラーメンみたいだけど汗

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事