リリース
USサイトでビデオ映像が閲覧可能です。
前回の投稿

ではなぜ飛距離が伸びるのか?

それはジャンボグリップによるカウンターバランスの影響ではないかと考えています。

バランス計で測るとなんとC5です。

従来のグリップよりも30g重い事でバランスも軽くなりました。

元のバランスがD4だったので、実に9ポイントも軽くなったのです。

しかし反面総重量は350gを超えてしまったのです。

なんて重いクラブでしょう?

しかしカウンターバランスが効いて重さは感じません。

むしろ軽くなった感じです。

それではそれがヘッドスピードにどう影響してくるのか?

 

あれから2週間...私はジャンボグリップと悪戦苦闘の毎日でした。

ドライバーショットは確かに飛距離も伸び、好調は続きました。

問題はアイアンショット...

特にショートアイアンになるほど、嘗て打った事がない球筋が多発する珍現象が続きました。

通常アイアンショットにおいてはクラブのロフトが大きい程、フックやプルフックの確率が高くなります。

クラブの構造上当然の結果なのですが、それが反転してしまうのです。🤔

ロングアイアンでは捕まりのある高弾道になるのですが、ショートアイアンでは右にすっぽ抜けていきます。

特にウェッジショットが悲惨でした。

私の場合、グリーンの右は池、そしてピンが右端に切られていても軽いドローボールなのでグリーンの右サイドから狙っていくのですが...

この状況で右にプッシュアウトを打って100ヤードから池にボールを打ち込みました。

それも2回...

流石にショックです。😨

 

「慣れていないのだから...練習あるのみ!」💪と球数をこなしても...実際のラウンドではこの現象が起きてしまいます。

それはフルショットだけに止まりませんでした。

ショートゲームでの距離感が破壊されてしまいました。

特にスピンを加えたい状況では、ヘッドを素早く振ることが出来なくなり、スピンを抑えたショットしか出来なくなったのです。

バンカーショットも例外ではありません。

ウェッジも6番アイアンと同じ長さで統一しているBryson DeChambeau状態(ショーゲームが酷い)??でした。😓

 

そこで...出した答えは!

この画像にヒントが隠されています。

 

to be continued.

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
(表紙は渋野日向子プロ&畑岡奈紗プロです)マーク金井さん、鹿又芳典さん、永井宏プロ、鶴原弘高さん、関浩太郎プロ、コヤマカズヒロさん、篠原嗣典さん、野村タケオさん、『裏支え薄フェース』新機軸を語って下さいました〜【発売中】週刊パーゴルフ「ギアハック」
トピックス
(表紙は渋野日向子プロ&畑岡奈紗プロです)マーク金井さん、鹿又芳典さん、永井宏プロ、鶴原弘高さん、関浩太郎プロ、コヤマカズヒロさん、篠原嗣典さん、野村タケオさん、『裏支え薄フェース』新機軸を語って下さいました〜【発売中】週刊パーゴルフ「ギアハック」
今回ご出演いただきました「識者」の皆さん マーク金井 さん 58年生まれ。クラブアナリストの第一人者で、自らもクラブや練習器具の開発 を行う...