リリース

配信元:ゴルフ迷宮の館 3 FAIRWAY GANG GOLF STUDIO fitting & craft

ご覧頂きありがと〜〜ございます🤗

アドレスで構えた時のフェイスアングルでインパクトしようと思いますよね⁉️
そのためには、画像のように、手元が先行するハンドファーストでインパクトするイメージが必要。

この画像では、シャフトの向きが違うと言いたいんでしょう。

https://www.instagram.com/p/B5gfwgWIMSY/?igshid=1s21l94wjcppi

もし、アドレスの向きのまま、ヘッドを先行させて振るとフェイスアングルは左に向きやすいんです。
フェイスが開いて来れば左に飛ばず右に擦ってしまう。
カットに振ってスライスを打つなら、軌道は変えます。
だから、頭の中のヘッド軌道のイメージをどう持つかによって、
ボールの飛んでく方向も変わるわけですね。
そういうことは、頭のイメージと、実際に練習場で球を打ち擦り合わせる努力が、
やがて自分のショットの方向性を決めるんだと思いますよ。
ラウンドでは、練習場と違って、地面の傾斜があるので、
ケースバイケースに頭を働かせないと、
どんなライからでも、いつも同じヘッド軌道で打とうとする人は、
大概失敗しますよね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
カメラマン・和田利光氏、斎藤秀明氏の写真にうっとり!30年前に発刊された、別冊BAFFY.「SUPER SWING図鑑(1989年発行)」に掲載されていた(石川遼プロも憧れる)セベ・バレステロス選手【全盛期スイング】を本気で解説します(前編)〜PCM SWING ANALYZE
トピックス
カメラマン・和田利光氏、斎藤秀明氏の写真にうっとり!30年前に発刊された、別冊BAFFY.「SUPER SWING図鑑(1989年発行)」に掲載されていた(石川遼プロも憧れる)セベ・バレステロス選手【全盛期スイング】を本気で解説します(前編)〜PCM SWING ANALYZE
文・構成/猿場トール  「伝説のプロコーチ」後藤修氏が提唱する「大型スクエア打法」に傾注。ボビー・ジョーンズ、ベン・ホーガン、ジャック・ニク...