リリース

配信元:ゴルフ迷宮の館 3 FAIRWAY GANG GOLF STUDIO fitting & craft

ご覧頂きありがと〜〜ございます

ブランデルシャンブリー選手のハイトウ60度ウエッジのスペックシート。

シードの右上、ツアーレップのトロッティさんが選手から意向を聞き、
teck (テック)と呼ばれるクラフトマンのウエイドさんが組み立て。
アメリカのツアープロには珍しい、ツアーベルベットラバーM60を両面テープ1枚で、
半インチグリップを伸ばして細く仕上げる。
ヘッドのソール部分ヒールグラインドとある。
抜けを良くするためにヒールを削ってるわけですね。
こうやって、1人の選手の1本のウエッジには、
レップ、テックの2人がかりで、作り上げられるわけです。
当スタジオでは、スタッフなどいないので、
筆者がレップの役割で、お客様に耳を傾け、
テックの役割で、クラブを作り上げます。
人伝てに聞くより、自分で聞いた方が勘違いはなくなる。
先日ムジークさんの専務ナッシー選手から、
クラブにうるさいプロと、社長の吉本氏のウエッジを削る際の、
ご当人達の好みなどを聞いて削りましたが、
ナッシー専務がレップの役割で、テックが筆者。
これだと、微妙なところは汲み取れないので、
やはり難しく思いました。
仕事と割り切って、言われた通りに削りましたが、
果たしてレップのナッシー専務の説明の通りに削り上がったのか、
ご本人たちに、気に入ってもらえるかは分かりません。
だから筆者は、ご本人に直接聞きたいと思うんです。
仕事と割り切って削れば良いんだけど、
なかなかそう簡単に割り切れないこともあるんです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事