リリース

配信元:PCM編集長

ご覧頂き、感謝申し上げます。

No.7の表紙は、ミズノ養老工場の取材をしたのでミズノアイアンを掲載しました。

 

日本を代表するアイアンメーカーのミズノは、「YORO JAPAN CRAFTED」をコンセプトに岐阜県の養老工場でヘッドの一貫生産を行っています。

初めて工場内に入れて頂きましたが、そこには職人の技というアナログと最先端のテクノロジーを取り入れたデジタルの世界がうまく調和していました。

工場の2階にはミュージアムがあり、1933年に国産初の「スターライン」をはじめ歴代の名器が展示してあります。

 

 

12-17ページでは、世界No.1シャフトメーカー トゥルーテンパー110年の歴史」というタイトルでほぼ社史に近い内容となりました。

当時、年号表を私が調べてリスト化したのですが、現在のアメリカ本社でもそこまで古い時代のことを覚えている方がいなかったので正誤確認が大変でした。

このページも是非、読んで頂きたいです。

PCMラボは、ゴルフギア専門誌PCMの研究所的な施設ですが、レベルアップを図るクラフトマンやクラブフィッターのセミナー会場でもあります。
また、ゴルフクラブ選びで悩んでいる一般ゴルファーの最後の駆け込み寺的な存在でもありますのでお気軽にご相談ください。

info@pcm-lab.com
http://pcm-lab.com

http://clubpcm.com

続く

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事