リリース

配信元:ゴルフ迷宮の館 3 FAIRWAY GANG GOLF STUDIO fitting & craft

ご覧頂きありがと〜〜ございます

昔は、今ほど変形パターとかなかったので、
こういうチューンナップが出来ました。
ネックの長いL字ブレードは、どうしても重心がネックに取られてヒール側の高い位置になってるものです。
それでは、アドレスで構えた時のサイトラインやドットの位置にボールを合わせて、キチンとヒットしても、
はなから、芯がズレてるわけだから、良い転がりはしません。
それで、長いネックをぶった切ることで、重心の位置を真ん中に移すわけ。

ネックをぶった切った分、ネック穴が浅くなるので、ドリルで深く掘る。

ネックを短く、穴を深く🕳すると、

当然、ネックの質量が小さくなるので、
今度はその分、フェイス(ブレード)側に重心が引っ張られて移動するわけです。
ネックをぶった切ったままでは美しくないので、
ソケットを着ければ、
ほら上差し
良い感じ

これで、芯がほぼフェイスセンターに収まったので、

サイトラインやドットという真ん中に付いてる目印に合わせて構え、

そこでヒットすれば、芯を食った転がりに変わるということです。
よほど、高精度なパターやネックレスはてなマークはてなマーク
ネックのないマレットとか以外、目印に芯がないことが多いんです。
昔のパターならこういうチューンナップで打ちやすく出来るというのが、この記事です。
それを踏まえ、最初からセンターオブグラビティ
真ん中芯
のパターを作って販売してます‼️
ってことでしょうね。
ネックの長さ、細さに対してヘッド側の比率で分かる。
こういうパターなら良いな、使いたいと思うが、
材質から来る打感は打ってみないと何とも言えないんですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事