リリース

配信元:PCM編集長

ご覧頂き、感謝申し上げます。

恒例の春号はドライバー特集です。

 

今号は、29社42個のヘッドを揃えて、ATTAS 4U 6Sシャフトで同じシャフトによる統一セッティングの打ち比べテストです。

テスト前に15項目に及ぶヘッド計測をおこない、それぞれのモデルの特性を把握しました。

内部重心は当然ですが、シャフト先端部からソールまでの長さ(ホーゼル下長さ)なども計測しました。

これは、インパクトの衝撃を捉える時にシャフトに対する負荷のかかり方が変わるのです。

短い方がヘッドの上下回転が抑えられ、長いとチップに負荷がかかって打ち出し角に英橋を及ぼします。

同じシャフトで同じセッティングにすることでヘッド特性が分かりやすいです。

ヘッドの特性を探る上で、統一計測と試打によるフィーリングをおこなうことは大変重要であると感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PCMラボは、ゴルフギア専門誌PCMの研究所的な施設ですが、レベルアップを図るクラフトマンやクラブフィッターのセミナー会場でもあります。
また、ゴルフクラブ選びで悩んでいる一般ゴルファーの最後の駆け込み寺的な存在でもありますのでお気軽にご相談ください。

info@pcm-lab.com
http://pcm-lab.com

http://clubpcm.com

続く
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事