リリース

ご覧頂き、感謝申し上げます。

今や、カスタムパーツの世界でトップの人気を誇るRODDIO。

編集部が注目したのは2013年の春先でした。

(株)グローブライド子会社の(株)スポーツライフプラネッツにRODDIO事業部はあります。

親会社が釣り竿のスペシャリスト軍団なので、そのノウハウをゴルフシャフトに活用するために誕生したのがRODDIOです。

しかしながら、11ピースの精密部品からなるドライバーヘッド「タイプM」が業界に衝撃を与えましたね。

なんせ、これ以上フィッティング要素に必要なところがないと言うほどヘッド重量、ロフト角、ライ角、重心位置が自由自在に調整できます。

この調整法を理解したショップのみが取扱を許されるというほど条件が厳しいのです。

まさにカスタムパーツの王道を行くヘッドですね。

このヘッドの登場でシャフトにも注目が集まり、総合パーツメーカーとして成長していく原点の年でしたね。

PCMラボは、ゴルフギア専門誌PCMの研究所的な施設ですが、レベルアップを図るクラフトマンやクラブフィッターのセミナー会場でもあります。
また、ゴルフクラブ選びで悩んでいる一般ゴルファーの最後の駆け込み寺的な存在でもありますのでお気軽にご相談ください。

info@pcm-lab.com
http://pcm-lab.com

http://clubpcm.com

続く

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事