リリース

グリーン上は歩く場所にご注意

海外の住所は何故に最後から書くのか?どう

考えても最初から書く日本式の方が効率良い

のになぁと、クリスマスイブを迎えている

小泉です。

 

あれ、書いてる途端でややパニックになる人

多いと思います。完全にその1人です。

 

f:id:JANGOL_tomoyukikoizumi:20191224215515p:plain

 

今回はグリーン上でのマナーです。

他の人がパッティングするであろうカップまで

の軌道を「ライン」と言いますが、グリーン上

を移動する時にそこを踏んけてしまう

のは、大変ひんしゅくを買いますので注意が必

要です。

 

何故なら、踏ん付けたことで芝がボコボコして、

変な曲がり方をしてしまうからです。

 

f:id:JANGOL_tomoyukikoizumi:20191224220005p:plain

まぁそもそも他の組が既に踏ん付けたり、キレ

イに見えるグリーンも細かく見れば、ボコボコ

してるからあんまり変わらないんですけど、自

分が打つ前に踏まれるのは、やはり感じ悪いの

は変わりないです。

 

ですので、基本的にその付近は歩かないのが、

間違いないです。

可能な限り遠回り

      をしましょう。

 

でも、そのラインを跨いで行ければ、直ぐ自分

のボールのところまで行ける、もしくは

「お先に」と言って、先にカップに入れたい場

合に跨いだ方がプレーが早く行く事があります。

 

そんな時は、まず

「跨いでいいですか?」

「跨ぎますね」

とそのライン上を打つ人に一言かけましょう。

 

f:id:JANGOL_tomoyukikoizumi:20191224220714p:plain

更に言えば、特に「お先にパット」をする時に、

自分が足を置く場合をパターで少し遠めから指

して、

「ここ大丈夫ですか?」

と確認出来た日にゃ

“最高に出来るゴルファー”

の完成です。

 

僕も駆け出しの頃は知りませんでしたが、試合

に出た時に他の選手がやっていて、涼しい顔し

て見てましたが、内心は

「へぇ〜」

って思いながら覚えました_φ( ̄ー ̄ )

 

是非お試しください。

 

ご登録よろしくお願いします(^^)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事