リリース

ご覧頂き、感謝申し上げます。

今回は、一般ゴルファーや駆け出し工房のためのグリップ交換法をお教えします。

1. グリップ外径を測る
2. グリップを切る
3. グリップを剥がす
4. 両面テープを剥がす
5. シャフトをキレイにする
6. シャフト外径を測る
7. グリップの太さを確認
8. グリップ長さをマーキングする
9. 両面テープを貼る
10. シャフトを万力に固定する
11. グリップに溶剤を入れる
12. 溶剤を両面テープにかける
13. グリップを挿入する
14. グリップ向きを調整する
15. 完成
16. 乾くまで立てかけておく

その他、高度な技術が求められますが、グリップの再利用する抜き方も掲載していますのでご覧ください。

PCMラボは、ゴルフギア専門誌PCMの研究所的な施設ですが、レベルアップを図るクラフトマンやクラブフィッターのセミナー会場でもあります。
また、ゴルフクラブ選びで悩んでいる一般ゴルファーの最後の駆け込み寺的な存在でもありますのでお気軽にご相談ください。

info@pcm-lab.com

http://club-pcm.jp
※サイトが変わりました。

続く

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事