リリース
ご覧頂きありがとうございます。
今回からテーマ名を
『J・ニクラウス選手【スイング研究所】』
としてブログアップしていきます。
 上の写真は、ゴルフダイジェスト『CHOICE』誌で後藤修先生が寄稿した記事に載っていたものです。
J・ニクラウス選手が13歳の時のスイング写真です。
あくまで【妄想】ですが、もしタイムスリップ出来たら
このジュニア選手を僅か数年で世界のトップゴルファーに出来るでしょうか?

いや、【歴史】は教えて下さいます。

 過去に遡り、プロセスを勉強する事、事実を確認する事で何かしら【方法】を教えてくれるのではないでしょうか。
現代ギアやスイングからすれば古い?
本当にそうなのか?も含めての
『J・ニクラウス選手【スイング研究所】』
テーマにした次第です。
 
以前アップした、上のイラスト。コレも数十年前の『CHOICE』誌のものですが、僕のアタマの中には【近いイメージ】のものがあります。
 
 
スイングを目視で見る際に、非常に役に立ちます。
 
 
スイング論、クラブ選び、フィッティング、それぞれ【流派】や【好み】【派閥】が特に日本には存在するようです。
 
他者を批判しても、ディスっても
『誰のためにもならない』のでココでは優劣や善悪論は展開しません。
 
それ以前に、どんな方法論にも【成功者】がいるのが、ゴルフの奥深い所。
 
だからこそ、【ゴルフ史上NO.1】のJ・ニクラウス選手を研究しながら様々なエッセンスを読み解きたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事