リリース
『4アイアンを基準にセットを組む』
この言葉の意味は正確には「24度のアイアンを上限にしてアイアンのロフトを決めて行く」と言うものだ。
「???」
例えばタイガーウッズの場合、現在も彼のロフトは70年台から80年代に掛けて多くのメーカーが採用してきた基準に近い。
当時、PWは50度だった。
そこから4度刻みにロフトが少なくなっていくと、3アイアンで22度になる。
私の記憶では数年おきにPWのロフトがストロングになって行った。
47〜48度のアイアンが多く出回り、56度のSWとの間を埋める役目として、アプローチウェッジと呼ばれる52度がジャンボ尾崎選手が使用し出した事で流行する。
そして長い間47度のPW、21度の3アイアンがベーシックな形となった。
そして今やPWは41〜45度のアイアンがアマチュアの間ではベーシックになってしまった。
でもちょっと待って欲しい!
41度のPWにしてしまうと50度のGWとの間で8度ロフト差になってしまう。
Callawayy Epic Forged Ironsではこのようなスペックになる。
このアイアンのセットを購入した人は本当に4アイアンを芝生の上で打てるのだろうか?
確かにテクノロジーの限りを尽くしたこのアイアンは18度のロフトでも打てるかも知れない。
しかしグリーン上で止まる事はないだろう。
このアイアンで私は24度の6番アイアンが限界である。
クラブヘッドスピードが40m/sの一般的なアマチュアでは27度の7番アイアンが限界だと思う。
それっておかしくないですか?
27度は私の使用しているPing i210では5番アイアンに当たる。
つまり7番アイアンと刻印された5番アイアンなのだ。
どんな意味があってこのような傾向が生まれてきたのか?
それは皆さんの見栄以外の何物でもない。
下記のスペックはi210のレトロスペックを更に調整したもので80年代のアイアンスペックに限りなく近い。
出来ればタイガーのように50度のPWにしたかったのだがこれでもオリジナルの45度から3度寝かせてあり限界だ。
これ以上やるとバウンスも効きすぎオフセットもプラスになってしまう。
各番手の飛距離が均等になるように調整するとこうなったら。

Ping i210

4 I      (24°)      185 – 195 yard             

5 I      (27°)      175 – 185 yard              

6 I      (31°)      160 – 175 yard              

7 I      (35°)      145 – 160 yard              

8 I      (39°)      130 – 145 yard           

9 I      (43°)      120 – 130 yard              

PW    (48°)        95 – 120 yard           

Titleist Vokey S-Type

SW    (54°)        80 – 95 yard

LW     (60°)        70 – 80 yard       

 

しかし題名にもあるように基準となったのは、24度の4アイアンである。

つまり先程も言ったように私が打てるアイアンの限界が24度である事。
それがたまたま1.5度調整した4アイアンだったのだ。
オリジナルの22.5度では私は打つ事が出来ない。
4アイアンはオフセットがきつかった事もあり寝かせる事で見た目も良くなった。
24度の4アイアンと48度のPWとの間を、各番手をトラックマンで計測しながらロフトを決めた。
私の全てのクラブのスペックです。

Ping G410 LST 10.5度 Normal Position 

Mitsubishi Tensei CK-PRO White 60-S 0.5 inch Tip Cut

                        240 – 270 yard

TaylorMade M4 Tour 15 度

Mitsubishi Tensei CK-PRO Blue 70-S 1inch Tip Cut

                        230 – 240 yard

TaylorMade M5 19 度

Graphite Design Tour AD DI7-S 1 inch Tip Cut

                        220 -230 yard 

Ping G410 17度 Flat Position 

Graphite Design Tour AD 85-S

                        205 – 220 yard

Ping G410 22度 Flat Position 

Graphite Design Tour AD 85-S

                        195 – 205 yard

Ping i210

4 I      (24°)      185 – 195 yard             

5 I      (27°)      175 – 185 yard              

6 I      (31°)      160 – 175 yard              

7 I      (35°)      145 – 160 yard              

8 I      (39°)      130 – 145 yard           

9 I      (43°)      120 – 130 yard              

PW    (48°)        95 – 120 yard           

Titleist Vokey S-Type

SW    (54°)        80 – 95 yard

LW     (60°)        70 – 80 yard        

Ping i500  

3 I      (18°)       230 yard

アイアンのシャフト

Nippon Shaft N.S.PRO MODUS3 Tour120-S 

Putter

Tad Moore TM-4

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事