リリース
遂に登場! #SIM and #SIMMax Driver!!
どうだ!日本のゴルフ雑誌より情報が早くないかい?👍🤨
TaylorMadeのレプが電話を掛けて来てくれてご対面となった。
今回は実にシンプルな形状に変化。
ツイストフェースは健在だが、縦の重心移動が無くなった。
反発性能をルールギリギリにキープするスピードインジェクションなどのテクノロジーも引き続き搭載されている。
正直…縦の可変ウェートはいらなかった。
重心を前方に持ってくると、とてつもない金属音。
あの音だけで前に持ってくる事を躊躇した。
今回はスリーブを変えた時のライアングル、ロフト、フェースアングルの変化、そしてバッスピンの増減まで詳しく記載されている。
「これは凄い!」
しっかりと読んで、どのポジションが自分に最適か選ぶことが出来る。
レギュラーモデルのSIMは極度にフラットなライアングルで気持ちが悪い。
故に、今回はSIM Maxがお勧めだ。
そして間違いなく慣性モーメントが高い。
打音はカーボンファイバーの所為でカン高くはないが、形状は極めてPing410?に近い印象だ。
「いや…昔のM2かな?」😅
余分なものを一切取り払えば当然慣性モーメントは高くなる。
さて…試打は次回のお楽しみ。。。👍

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事