リリース

毎年、ジャパンゴルフフェア(今年は3月19-21日)で発刊させて頂いております「ゴルフ用品総合カタログ」は今年で46年目を迎えます。

私が入社した96年から数えて23年目、代表取締役に就任した2012年から9年目を迎えます。

 

ここで、「ゴルフ用品総合カタログ」について説明させて頂きます。

 

電話帳並みに分厚い総800ページに及ぶ内容は、広く海外でも認知されており「ゴルフ業界のバイブル」という評価を頂戴しております。

 

巻頭は、トップインタビュー、ゴルフクラブの最前線やテクノロジーなどの編集記事が約100ページあります。

 

本編は、約200社のゴルフ用品関連のカタログページで5万点以上の商品が600ページに上ります。

 

巻末は、1,000種以上のゴルフクラブのスペックと画像付きSPEC CATALOGUE、メーカーから小売店まで4,000社以上が掲載されている全国の業者リスト、唯一無二のゴルフ用品用語辞典などの編集記事が網羅されています。

 

 

 

毎年、正月が明けてから編集記事の寄稿、約200社のクライアント様への営業活動、制作依頼頂く原稿作りや撮影などなど、これからの2ヶ月間は怒濤の日々が続きます。

 

 

ちなみに、「総合カタログ」の原点は弊社の先代が勤めていたサンデーゴルフが1963年に創刊した「世界のゴルフクラブ」です。

 

私より年上です。笑笑

 

右も左も、ゴルフもやったことがない若輩者が今日、ゴルフクラブの計測マニアになれたのも、「総合カタログ」があったからです。

 

「総合カタログ」は、永年保存されている企業さまが多く、年号が古くなっても情報は古くならず、新商品の開発のヒントや商標登録などに活用されています。

 

常に新しい情報が交錯する時代に年1回の発行は時代に逆行していますが、何十年も保存して頂ける価値があります。

 

私の使命は、「総合カタログ」を発刊続けることです。

 

ご支援・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事