リリース

今日は

曇り空の諫早です。

天気に負けないように明るく過ごしたいと

思います。

本日ご紹介するクラブは

痛い左手をかばいながら

昨夜なんとか完成させることができた

こちらになります。

Zodia
CV-C101 IRON

軟鉄鍛造 S20C サテン仕上げ

アンダーカットキャビティ構造

番手別重心距離設計

アベレージゴルァー向けモデル

#6~PW

Tさんのご厚意で

KBS TOUR 105

装着です。
(ありがとうございます)

IOMIC
X-Opus Black2.3

それぞれ違う色を装着いたしました。

レギュラーシリーズに勝るとも劣らない

SV(監修)シリーズ第一弾

こちらのアイアンなのですが

『試打用アイアン』ということで

全番手の顔を見てみたいとか

ショートアイアンのネック周りを

気になる方が多くいらっしゃいましたので

製作させていただきました。

自分では試し打ちができませんので

7番を試し打ちしていただきました

Nくんの感想をお伝えしたいと思います。

「打感はさすがにやわらかいですね。」

「サイズ感も安心感を感じられます。」

「芯も幅広く感じますね。」

「全体的な印象はやさしいの一言です。」

ヘッド形状は

ゾディアさん特有のトップブレードの厚みや

包み込むイメージのネック周り

ソールの幅の広さを感じさせない

クレセントカットを施してあるところなど

レギュラーモデルにも負けていない

仕上がりになっています。

ぜひ手にとって触れていただきまして

お試しいただきたいと思います。

【ゴルフ工房ボギー】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事