リリース

ご覧頂き、感謝申し上げます。

クラブMOIマッチングは必要ないのか?

3回目のタイトルとしてはドキリとする内容ですね。

結論は、必要だけどクラブMOIの理論・効果を正しく知ること、正しい調整方法を持って調整すること、オーナーひとり一人で違う適正クラブMOIを見つけることです。

当時、某女子プロの使用クラブのクラブMOIを計測させて頂きました。

ウッドは短くなるにつれて、クラブMOIの数値が下がっていきますが、アイアンセットは意外とバラバラだということが分かりました。

また、30年以上前のスポルディング赤トップとトミーアーマー945を計測したところ、2630〜2760kg・㎠の間に収まっていました。

なので、クラブMOIは新旧による差が無かったということです。しかし、番手間の差はかなりありますけどね。

このように、アイアンセットのクラブMOIを計測すると、打ち辛い番手と打ちやすい番手が分かります。

でも、クラブMOIの数値だけに捕らわれると間違ったフィッティングになる恐れがあります。

あくまでも、クラブ重量・スイングウェイト、長さなどを揃えた上で、最後の塩胡椒の塩梅と同じくらいで微妙な違いを修正する程度と捉えた方が良いと思います。

確かに、クラブMOIマッチングに精通して何百本ものクラブを調整した経験がある専門家であれば問題ないですが、そうでない方は数値だけで判断しようとする傾向があるので注意が必要です。

PCM誌は、クラフトマンやクラブフィッター向けの専門誌ですが、一般の方でも購読は可能です。

年4回発行(3月・6月・9月・12月)で1冊1000円の年間契約をお願いしておりますので、初回に4000円の代引きでお送りいたします。以後の3回はメール便にてお送りいたします。全て送料込みです。

No.1からバックナンバーも取り揃えております。

お申し込み・お問い合わせは、下記メールアドレスまでお送りください。

PCMラボは、ゴルフギア専門誌PCMの研究所的な施設ですが、レベルアップを図るクラフトマンやクラブフィッターのセミナー会場でもあります。
また、ゴルフクラブ選びで悩んでいる一般ゴルファーの最後の駆け込み寺的な存在でもありますのでお気軽にご相談ください。

info@pcm-lab.com

http://club-pcm.jp
※サイトが変わりました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事