リリース

ご覧頂き、感謝申し上げます。

「黄金スペックはこれだ!」の特集の総集編として、ヘッドスペック計測データランキングを掲載しました。

ライ角(スコアライン基準)、スイートスポット高、重心距離(スイートスポット距離)、重心深度の4つを低い数字から順番に並べてみました。

ここで「MIRAI PROTO 460」が、ライ角・重心距離・重心深度のそれぞれが最も低いという結果に。

スイートスポット高が38ミリで19番目と高重心設計ですが、非常に明確な特長があることが分かります。

右ページでは、26モデルの計測データと平均値も掲載しました。

過去数年、ドライバーヘッドスペックを計測していますが、重心位置(重心高・重心距離・重心深度・重心角)の平均値はあまり変化がありません。

これは、明確な意図があって設計されたヘッドは別ですが、当時のカスタムヘッドを使いたいゴルファーの傾向が似通っているということが上げられます。

微妙なヘッドスペックの違いが分かるゴルファーにとって、ヘッドスペックデータは貴重と言えます。

PCM誌は、クラフトマンやクラブフィッター向けの専門誌ですが、一般の方でも購読は可能です。

年4回発行(3月・6月・9月・12月)で1冊1000円の年間契約をお願いしておりますので、初回に4000円の代引きでお送りいたします。以後の3回はメール便にてお送りいたします。全て送料込みです。

No.1からバックナンバーも取り揃えております。

お申し込み・お問い合わせは、下記メールアドレスまでお送りください。

PCMラボは、ゴルフギア専門誌PCMの研究所的な施設ですが、レベルアップを図るクラフトマンやクラブフィッターのセミナー会場でもあります。
また、ゴルフクラブ選びで悩んでいる一般ゴルファーの最後の駆け込み寺的な存在でもありますのでお気軽にご相談ください。

info@pcm-lab.com

http://club-pcm.jp
※サイトが変わりました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事