リリース

 

営業しているのか?

 

入ってもいいのか?

 

入り口はどこ?

 

よく分からない店 パーディーワン ですほっこり

 

 

ヘッド

三浦技研 CB-301  5~G

三浦技研 MG-R01  50度 56度

 

シャフト

島田ゴルフ K’s-NINE9  フレックスS 

1番手軟らかずらし(SR相当)

 

グリップ

ムジーク ノーロゴブラック  M60 バックラインあり

 

ソケット

三浦 GT シルバー

 

シャフトの挿入方向

ロゴ裏挿し

 

グリップ下巻テープ

薄手のテープ 螺旋1巻き

  

長さ・バランス

バランスD1

 

ロフト角・ライ角

カタログ値に調整 (ヘッドに調整痕が付く場合があります)

5番 24.0→23.5度

6番 27.0→26.5度

 

その他・御要望等

当店オリジナルシール 貼る

 

 

 

今回組み立てた PERDIE1 ISSUE のシャフト重量は、

 

5番 95.5

6番 95.5g
7番 95.3g
8番 95.4g
9番 95.1g
PW  94.8g

GW  95.4g

50度  94.7g

56度  95.4g

 

なんと、びっくり、重量差0.8gでした。

 

シャフト重量は1g違うだけでも硬さの違い(振動数)に現れます。

重いと硬くなり、軽いと柔らかいです。

 

シャフト重量が揃っていると言う事は、単に番手別重量ピッチが揃うだけではなく、

番手別のシャフトの硬さも揃っている事になります。

 

 

シャフト 直進性確認

 

第一ステップ位置確認

 

 

PERDIE1 ISSUE は高品質の証し

 

 

グリップは0.1g単位で重量測定し、選別してから番手によってフローさせています!!

 

重量検品せずに使用すると、クラブの総重量とバランスは揃いませんNG

 

 

当店のスチールシャフト組み立ては、ヘッドとソケットとの継ぎ目からの数ミリ下側はシャフトのメッキは剥がしません。

ヘッドとソケットのつなぎ目に水が浸入しても、シャフトが錆びにくく折れにくいようにしています。

スチールシャフトなぜ折れる→http://ameblo.jp/perdie1/entry-11305513053.html

 

 

当店のアイアンセット組立は、パソコンで数値管理しながら行っていますパソコン

 

組立前の外観検査

各パーツの0.1グラム単位での重量測定と調整

組立後のスペック測定

ロフト、ライ角調整など

詳しくはホームページを御覧下さい

http://www4.plala.or.jp/perdie1/sub6.html

 

組立に入る前の検品で、総重量・番手別フローなどの予測が非常に大事で、組立後のクラブ品質を大きく左右します。

 

 

当店では、組み上がったらそのままお渡しするのではなく、

 

長さ・総重量・バランス・振動数などのスペック測定、

ロフト角・ライ角の測定と調整をします。

 

新品でも調整をしないとカタログ値通りにぴったり揃っていることはほとんどありません。

 

※ヘッドフェースに貼ってある重量ラベルは剥がさないとロフト角・ライ角の測定調整ができないので、

当店で組み立てたクラブは剥がしてあります。

 

 

忙しい日が続きますあせる

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事