リリース
ご覧頂きありがとうございます。
今回は、
ニクラウス選手とプレーヤー選手の共通点であり
なおかつ【二人を信用する理由】を取り上げてみようと思います。
ゲーリー・プレーヤー1963年著書は、まだグランドスラマーになる前のもの。
ジャック・ニクラウス1966年著書は、日本プロゴルフ第一次ブームが始まった年のものです。
(現役選手なのでライティングはK・バウデンというライターが書いていますが)
『ゴルフマイウェイ』以前の著書の話です。

つまり、今から50年以上前に

プレーヤー選手、ニクラウス選手も
レッスン著書の中で【用具】の説明にページを割いています。

『弘法は筆を選ぶ』

つまり二人とも、
最良のプレーを行うには
【自分に合ったギアを選ぶための知識が必要】
とレッスン著書で記しています。
今ほどヘッドやシャフト、スペックが多様ではない時代にです。
良いスイングには、【自分に合った】合理的な方法とクラブの存在は不可欠という『共通点』が二人には既にありました。
さて、2020年現在。
スイング理論やレッスン著書において
【ギアの基礎知識や選び方】にページを割いているものは、一体どのくらいあるのでしょうか?
いつの間にか、ゴルフ雑誌の故?か
【ギアネタ】【スイングネタ】と分かれてしまいましたが。
コレって50年以上前と比べて進化しているのでしょうか?
それとも、合計27勝ものメジャー優勝した二人だけの話で、そのレベルでないなら【クラブは何でも良い】のでしょうか?
弾道測定器も詳細なクラブスペックも計測できない遥か大昔に、彼らはクラブの重要性を著書で説いていましたが…。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事