リリース
最近、ゴルフが楽しくて仕方ありません。
今回、書きたい事、伝えたい事が多すぎて、何から伝えるべきか、私の文章力では表現に苦しみましたので、まず、私がゴルフが楽しくて仕方ないものになった理由の一つ、昨年末より通いはじめたKz GOLF RANGEでの練習風景の動画をご覧下さい。

【動画①】※まずはとにかく見てください!
この動画には3つのスイングを収録しています。あくまでも初級者、へっぽこリーマンゴルファーの汚いスイングであることは予めご了承下さい。ただ、本人としては筒プロファイラー兼コーチのレッスンや村田PCM編集長に教わった極意のお陰で【分厚いインパクト】というものを何となく掴みかけている気がしています。
1つ目のスイングは、村田PCM編集長が7Iで高弾道なのに200ヤード以上飛ばすエゲツないボールを打っていたので、極意を教えて頂き、8Iで練習している際のスイングです。インパクト位置を確認するシールを貼って打ってみると【あと5mm程度、上で打ちたい!】というちょっと残念な結果でした。しかし、それでもキャリーで157ヤードは、8Iのキャリーが背伸びして平均130ヤード後半だった私にとっては、十分満足のいく結果です。
村田PCM編集長による【へっぽこリーマンゴルファーをたった1分でプチ飛ばし屋にした極意】知りたいですよね?
※知りたい方は、ヒントとなるキーワードを埋め込みましたので、レポートの最後の方まで読んでみて下さい。
2つ目のスイングは村田PCM編集長に教わった高弾道の極意を練習し、更に筒コーチのレッスンによってだいぶスイングが良くなってから、191ヤードのPar3のホールを6Iで打った際のスイングです。まだいろいろ治したいところが多くあるスイングですが、Kz GOLF RANGEに通い出す前には190ヤードは、6Iのキャリーで狙おうと考える距離では有りませんでした。もちろんですが、以前は190ヤードは、4UTで頑張って奇跡的に届くか、5wで軽く打って合わせるかという様な、遠くて、いわゆる狙える距離ではありませんでした。そんな訳で、私には、これも十分満足のいく結果です。
 
実は、REAL_SPEC_GOLF(リアルスペックゴルフ)の代表でもある、ぶっちゃけゴルファー代表マサさんも、REAL_SPEC_GOLFのレッスン担当の三井プロも、いつも一緒に三井プロのラウンドレッスンに参加頂くゴルフ仲間も、200ヤードを7Iで狙っているので、もっと上手く道具の性能を活かせるスイングを覚えて、皆さんに追い付きたいですね。
3つ目のスイングは、筒コーチに【よりショット精度を上げること】を目的にスイング改造のアドバイスを頂き、練習している際のショットです。私は器用では有りませんので、段階的に改造中で、まずテークバックを修正中です。バックスイング、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォローの全てにエラーがあり、チキンウイングをはじめとするカッコ悪い課題が山積みですが、前2つのスイングに比べれば、若干テークバックに改善の兆しが見え始めていますし、トップの窮屈さが解消している様にも思います。長年治したくても治せなかった動作が、改善に向かっているという希望が見えているだけで、私には十分満足のいく結果です。何故かダウンスイング時の遠心力が増した様で、自身で制御仕切れずシャンクする事もありますが、それは次の課題として向き合います。
いかがですかね?動画から私のレベルアップをご確認頂けたと思います。

※私のプロファイルに合った筒コーチの的確なアドバイスが、短期間でのレベルアップを実現しています。

ここでまず言いたいのは、私の様に何年経っても上手くならない、万年初級者として悩んでいらっしゃる初級者の方がいましたら、私の様なへっぽこリーマンゴルファーでも短期間で上達を実感し、ゴルフの楽しさを教えてもらえたKz GOLF RANGEで、筒コーチの体験レッスンを一度受けて欲しいと言うことです。
出来ればKz GOLF RANGEでもプロファイルフィッティングが受けられますので、合わせて受けてた頂ければ、伸び悩んでいる原因がクラブにあるのか、スイングにあるのか、そもとも両方にあるのか明確になると思います。
もし、レッスンを気に入って頂き、私と同じようにKz GOLF RANGEに通う様になったら、同じ初級者同士、励ましあいながら一緒に練習出来たらもっとゴルフが楽しくなりそうですよね。
実は「Kz GOLF RANGEで?』新たに『結果にコミットしちゃう様なレッスンメニューが?』なんて噂も耳にしていますので詳細が分かり次第、追加レポートさせて頂きます。
重要なKz GOLF RANGEのホームページは[こちら]です。是非、体験レッスンを受けてみてください。何故体験して欲しいかって?後半のレッスンレポートで何となく書いているのですが、公式ホールページはシンプル過ぎて、レッスンや設備の良さが私のような初級者には読み解けず、経験する迄は素晴らしさを理解出来なかったからです。プロファイルフィッティング同様、Kz GOLF RANGEの本当の良さは私の文章では表現する事が困難だからです。

※Kz GOLF RANGEでのレッスンは、レベルアップネタ満載で、何から伝えようか本当に悩みました。

いきなり動画の力に頼ってしまったのは、本当にお伝えしたかった事が、表現が難しく、私の文章力で誤解のない様にお伝え出来るか自信がなかったからです。
今回、一番言いたいことは【レッスンにもゴルファーの体格や身体能力、そしてクラブの扱い方、いわゆる『プロファイル』とゴルファーの目指すゴルフスタイルに合ったレッスンが必要だということを、Kz GOLF RANGEで身を持って体験した】という事です。
特に私の様な初級者には、ゴルフを楽しむための最低限のスキルを身につける上で、プロファイルに合ったレッスンが必要だと感じています。
そんな訳で、長文になりますが、私のKz GOLF RANGEでの体験談を、話を昨年末まで巻き戻してレポートさせて頂きます。
◼️体験レポート◼️

先日レポートした様に、昨年末にREAL_SPEC_GOLF(リアルスペックゴルフ)の代表でもある、ぶっちゃけゴルファー代表マサさんに連れられPCM_Laboでプロファイルフィッティングを受け、リシャフトして頂いてからは、とても感じよくスイング出来る様になりました。

一緒にラウンドした方々にも、その劇的なレベルアップ、変貌ぶりから【どうした?何かあった?急にレベルが上がったんじゃない?】と理由を聞かれるほど一定のリズムで、そして、力まず一定の力感でスイング出来る様になりました。

※緊張する朝一ティーショットも、以前に比べてかなり自信を持ってスイング出来る様になりました。年末のラウンド風景より。

私のスイングに合ったヘッドとシャフトをプロファイルフィッティング筒プロファイラーが絞り込み、REAL_SPEC_GOLFのクラフトマンのサイトウさんと組み上げ手法を相談し、ピュアリング(FLO)は勿論、丁寧にレーザー精密組立されて出来上がったクラブのおかげで、自分のタイミングで気持ちよくスイング出来る様になったのは間違いありません。
【ゴルフは道具から上手くなる】ってこういう事ですかね?なんて思ったりもしています。
プロファイルフィッティングの体験レポートは[こちら]です。
※最強コラボですね!
【写真左】クラフトマンのサイトウさん【写真右】筒プロファイラー
しかし、実は、この劇的なレベルアップ、私が気持ちよくスイング出来る様になったのはプロファイルフィッティングだけでなく、その後のアフターフォローが適確に行われているからだという事実をお伝えしなければなりません。
プロファイルフィッティングを受ける数日前に、一緒にラウンドさせて頂く機会の多いゴルフ仲間のレベルアップが凄かったので、理由を聞いたところ、仕事前に500球、仕事後に500球、なんと!一日1,000球ものボールを打つようになった言うのです。
私も毎日1,000球は無理でも週に2回、少なくても週に1回、50球くらいは打ちたいと近所のゴルフ練習場を探していました。
プロファイルフィッティング後、マサさんから【PCM_Laboが提携しているインドアゴルフレンジがあり、見学に行く予定があるのですが一緒に行きませんか?】とお声掛け頂きました。
名前を聞いてびっくり!なんと、偶然にも私がピックアップしていたゴルフ練習場リストに含まれているインドアゴルフレンジだったのです。

それがこちら、亀戸にあるKz GOLF RANGEです。

Kz GOLF RANGEはJGMやさと石岡ゴルフクラブで2度のクラブチャンピオン経験のある小坂支配人がご自身の競技ゴルファーでの経験を通して必要性を感じていた、サラリーマンが気軽に【いつでも練習出来る】、しかも【適格なアドバイスがもらえる】をコンセプトに立ち上げたインドアゴルフレンジです。
しかし、正直、私の家からは徒歩圏外、多少距離もありましたし、Kz GOLF RANGEのホームページを見ても【ここで練習したい!】とグッ初級者の心を鷲掴みにするものが無く、むしろメディアに疎い私が知らないメディアで紹介された記事ばかりが全面にでていて【うーむ。微妙?】と思うほどレッスンや設備の良さが私のような初級者には理解出来ませんでしたので、私がピックアップしていたゴルフ練習場リストの中で、優先度は最下位でした。
小坂支配人、筒コーチ、毒づいて申し訳ありません!でも、あのホームページは絶対に損してますよ!私達初級者にも、Kz GOLF RANGEの良さが理解できる様にしてくださいよぉ〜。
※2階は他の打席とセパレートされたプライベート空間の中でレッスンを受ける事が可能です。

見学に行ってびっくり!そのこだわり抜かれた充実した設備は、ゴルフ業界でプロとしての確かな目をお持ちのマサさんに【へっぽこさん、この贅沢な設備で、筒コーチの指導のもとで練習すれば上達は間違い無いです。】とお勧め頂くまでもなく、へっぽこリーマンゴルファーにもその魅力、間違いなく自分の求めていた練習環境以上のものがそこに存在していると感じたのでした。

その場で入会手続きさせて頂き、即入会したのは言うまでもありませんよね。
やっぱり、ゴルフは【縁】ですね。マサさん、ありがとうございます!見学に誘ってもらえなければ、別なゴルフ練習場に入会していたと思います。
Kz GOLF RANGEはビルの2階がレッスンフロアとして4打席、3階が24時間利用可能なセルフフロアとして6打席のインドアゴルフレンジとして整備されています。
2階は上の写真の様な他の打席とセパレートされた広々としたプライベート空間で落ち着いてレッスンを受ける事が可能です。

※3階は24時間セルフフロアとして6打席も利用可能です。

3階は上の写真の様に自主練にぴったりの設備が揃った環境で、24時間いつでも練習可能です。
気がつかれましたか?贅沢にも全ての打席にSkayTrakを使った実践的な弾道測定と、Xswingによるスイング解析が可能です。しかも、ボールは小坂支配人のこだわりの一つとして様々なゴルフメーカーのコースボールが取り揃っています。練習中にボールを打ち比べて、好みのボールを探すことも出来ますね。
※写真はイメージです。有名どころのボールは全て揃っています。
2階はLEDプロジェクターを利用して目の前に広がる大画面を見ながら広々としたプライベート空間で練習出来ますが、3階もプロジェクターこそないもののSkyTrakを使った実践的な弾道測定と、Xswingによるスイング解析が可能ですし、隣の打席との間隔も十分確保された贅沢な練習打席だと思います。
レンタルのクラブ、シューズ、グローブも完備されていますし、なんと3階にはセキュリティ万全のロッカールームが有りキャディバックを預かって頂けますので【手ぶらでスキーならぬ、手ぶらでゴルフ】が可能です。私もキャディバックを預けており、会社帰りや、打ちたい衝動に駆られたら『ぷらぁ〜』と行って打っています。
これだけ充実した設備が合計10打席、そのうち6打席は24時間利用可能なのですから、小坂支配人の【いつでも練習出来る】というコンセプトも納得です。
 
そして、忘れてはいけないのが、小坂支配人の【適格なアドバイスがもらえる】というコンセプトです。
 
2階のレッスンフロアでは、レッスン営業時間中に、PCMアカデミースタッフの方々からレッスンやクラブアドバイスをいただく事が可能です。
 
そうです。あの筒コーチがヘッドコーチとして作り上げた完全オリジナルのレッスンプログラムでPCMアカデミースタッフの方々からスイング&クラブのアドバイスを受ける事が可能です。
 
なんとKz GOLF RANGEでもプロファイルフィッティングが受けられるんですよ!
 
プロファイルフィッティング時に村田PCM編集長筒コーチから適格なアドバイスをして頂いた際の一コマです。


さて、今回のレポートでは
【適格なアドバイスがもらえる】という点がポイントです。

 
Kz GOLF RANGEに通い出したことで、私自身が何年経っても上達しない理由について、気が付いた点があります。
 
諸悪の根源は、自身にスイングのベースとなる基準点がない事です。プロファイルフィッティングを受ける以前に受けたフィッティングでは打ったクラブが、自身のフィーリングに合っているか、全く判断出来なかったわけですし、感じた違和感などをフィッターに伝えるスキルを持っていませんでした。結果、自分に合うクラブを手に出来ていなかったわけです。
 
レッスンでも同じです。教えて頂いた動きを、ただ、言われるがままやるだけ。基準点がないので、教わったドリルを繰り返すだけで、目指す姿になっているかチェック出来るスキルがなかったのです。
 
上級者やプロはスイングのベースとなる基準点うあ基準点が線として繋がっていてスイングを形成していますので、エラーが発生すれば基準点との差分を把握し、改善出来るのだと思います。
 

※私の様な初級者は、こんなエラーを自分では発生している事すら気がつけないですし、治せないのです。

例えばプロに『腰の回転が使えていないですね。腰をもっと使いましょう!』と言われて、ひたすら腰を使う練習をすると今度は『腰が早く廻りすぎてますね。もっと腰の回転を抑えましょう。』なんて言われた事はありませんか?
私は今までこんなことの繰り返しでした。【前は腰を回せって言われたのに!】と心の中で叫びながら、自身のスイングを更に壊す為の練習をひたすら繰り返すのでした。
これが俗に言う【アマチュアが一人で練習すると余計に下手になる】って言うあれです。きっと。。。
ましてや、プロに『ここにクラブが抜ける様に意識して振ってください。』とか『シャフトが立ってますよ。もっと寝かせて振ってください。』とか言われても【いやいや。どうやればそこにシャフトが通る様に振れるのか分からないから、教えてもらいに来てるんですけど。。。】とか【いやいや。シャフトが立つ?寝かせるってどういうこと?金属の塊がどうすればネンネしてくれるんですか?!】なんて心の中で叫んで【ゴルフつまんない!もう辞めてやる!】なんて気持ちになったことはありませんか?
私は何度もあります。挫折し、結果、上達できずにいました。
実際には、体格、身体能力やクラブの特性によってプロに要求されている動作が、出来るはずもない動作だったりするのに、ひたすら無駄に練習していたケースもあるのではないでしょうか?
体格も身体能力も、目指すゴルフスタイルも違う上級者やプロに合ったスイングやクラブが、全く違う体格や身体能力、そして全く違うゴルフスタイルの初級者に合うとは限らないと思うのです。
※私の体格、身体能力に合ったスイングを筒コーチに提案頂いています。
Kz GOLF RANGEでは、おのおののゴルファーの体格や身体能力とゴルフスタイルに合った、スイング作りを提案頂けます。
私の様にスイングの基準点がない初級者へは、まずベースとなるスイング作りを基準点を体験しながら、体格や身体能力に合わせて提案頂き練習出来るのです。
不思議なことにスイングのベースとなる基準が点として理解出来てくると、初級者の私でも練習中に徐々に自己チェックが出来る様になりますし、先程実例としてお話しした、やり過ぎにもなんとなく気がつける様になってきているのです。
結果として私の様な初級レベルでも【動画①】の様な変化を実感出来る様になってくるのです。
※私のエラー改善の為のイメージを作れるよう筒コーチに極端な動きでデモショットして頂きました。
治せないエラーやスイングの疑問点については、私の体格や身体能力で起こりやすいエラーの原因を説明頂いたり、分かりやすく極端な動作でのデモを通じて改善の為の動作のイメージや基準点作りを手伝って下さいます。
言われるがまま打つのではなく、対話と実体験の中で自身で感じながら、スイングのベースとなる基準点が一つづつ積み重なって繋がり、点が線になっていく、それが自信にも繋がり、自然とモチベーションが上がって行く事で、私の短期間でのレベルアップを実現して頂けたのだと思います。
クラブにもスイングにも、体格や身体能力そしてクラブの使い方、ゴルフスタイルに合わせてレッスン頂ける点、正に【適格なアドバイスがもらえる】という小坂支配人のコンセプト通りだと思います。
 
当初体験レポートを作成しはじめた際、動画をふんだんに使い、レッスン風景ダダ漏れで紹介させて頂こうとしたのですが、レッスンで教えて頂いた事が、私のプロファイルに合わせて説明頂いたイメージや基準点の作り方なのか、万人に共通のものであるのか私レベルでは判断が出来なかったため、今回は私のスイング動画の部分のみを使って紹介させて頂くスタイルを取らせて頂きました。
 
村田PCM編集長による【へっぽこリーマンゴルファーをたった1分でプチ飛ばし屋にした極意】は『物理学』なので間違いなく万人向けのものですが、私が説明しても正しく説明出来ないと思いますので、ご要望が多ければ、村田PCM編集長に相談、協力頂き何かしらの形で紹介させて頂きたいと思います。その時は、きっとぶっちゃけゴルファー代表マサさんの出番ですね。
 
※知りたい方は是非、コメントやDMでお知らせください。
 


【動画②】マネージメントのテスト①コースのプレッシャーがかかると何故か?ナイスショットが全然打てないんです!
 
書きたいことはまだあるのですが、その一部のみ紹介して締めくくります。実はKz GOLF RANGEのレッスンには初級者にとって、とても嬉しいメニューがあるんですよ。
 
初級者である私は、ゴルフ場ではライが悪かったり、爪先が下がっていたり、左足が下がっているだけで打ち方が分からなくなりパニックになって目の前のボールを打つ事だけで頭が一杯で、マネージメントなんて考える余裕は無いとレポートさせて頂きました。
 
安心して下さい!筒コーチや小坂支配人、そしてPCMアカデミースタッフの皆さんが、インドアゴルフレンジの強みを活かし、ラウンドモードでコース設計者の意図の読み解き方やマネージメントの仕方について丁寧に教えてくださいます。
 
【動画②】は筒コーチにアドバイス頂きながらラウンドした動画です。ナイスショットは一切ないのですが、あまりプレッシャーを感じずにラウンド出来ているのをご覧頂けるのではないでしょうか?
 


【動画③】マネージメントのテスト②違う攻め方をしたら?
 
インドアゴルフレンジの素晴らしいところは、気軽にラウンドモードでマネージメントの勉強が出来るだけでなく、同じホールを繰り返しラウンド出来ることです。【動画②】ではアドバイス通りマネージメント通りラウンドした結果、全てのショットでミスをしてもそれなりの結果が得られています。
 
【動画③】では無理して攻めて行った事で、2打目に池のプレッシャーに負けてクラブ選択ミスをしてしまいました。結果、3Iで軽く打って距離を合わせるつもりが予定よりも大きく振ってしまい飛びすぎ、3打目のイーグルチャンスを長いくだりのパットという極度のプレッシャーを受ける状況で迎えることになってしまいました。
 
この様にKz GOLF RANGEではマネージメントについて、ラウンドモードで後ろの組みを気にせず落ち着いて説明を受けられますので、じっくり確認出来ますし、各シチュエーション毎にマネージメントに必要な優先順位付けについて繰り返しアドバイス頂いているうちに自然と適格な判断が出来る様なスキルが身につくのでは無いかと思います。
 
お恥ずかしい話ですが、まだ私はマネージメントスキル習得中で、適格な判断が出来る様になるにはまだまだ時間が必要だと思います。
 
もし、このブログを読んでKz GOLF RANGEに通う事になる初級者の方がいらっしゃいましたら、マネージメントについて相談しながら一緒にラウンドモードをプレー出来たら楽しそうですよね。Kz GOLF RANGEで私を見かけたら、是非お声がけ下さいね。
 

※案定したドライバーショットが打てる確率も、かなり増えて来ましたよ!

私はここ数ヶ月の経験から、自身に合ったクラブを使って練習する事がとても重要だということを体験しました。
まず、私の様に自分に合うクラブを自身で選定できない方にはプロファイルフィッティングで、ご自身に合うクラブを手にしていただきたいです。
そして、ご自身の体格や身体能力、そしてクラブの扱い方、いわゆる『プロファイル』とご自身の目指すゴルフスタイルに合ったレッスンを受けて頂きたいですね。
 
きっと、私の様に楽しいゴルフライフが待っている筈です。
 
○○スイング、○○打法など沢山のスイング理論がありますが、私達の様な初級者はまず自分の『プロファイル』に合ったスイングを習得し、スイングのベースとなる基準点作りが必要なのだと実感しています。
 
もちろん、自分の『プロファイル』に合ったスイングを習得し、基準点が線となってスイングが確立出来た暁には、○○スイングや○○打法にもチャレンジしてみたいですね。
 
目指せ!アベレージ80台、中級ゴルファーへの道のりは、とても長そうです。
 
※REAL SPEC  GOLFにてフライトスコープの測定結果の見方、意味について説明頂いたことはとても重要な知識ですね。
 
◼️後書き◼️
 
それにしても、村田PCM編集長による【へっぽこリーマンゴルファーをたった1分でプチ飛ばし屋にした極意】の練習をしていると、REAL_SPEC_GOLFで行っていたフライトスコープレッスンがいかに重要であるかを実感します。マサさん、凄いレッスンを提供していたんですね。筒コーチとコラボした形で再開出来ないですかね?
 
自分に合ったクラブを手にし、レベルアップを実感している今、正に入射角、打ち出し角、スピンロフト、スピン軸、スピン量、ブレ軸などを確認しながら練習したいと思うのでした。
 
ご自身のフライトスコープとかトラックマンをお持ちで、活用しながら練習していると言う方を、Instagramなどで見かけますが、きっと濃厚な練習が出来ているのでしょうから、本当に羨ましいです。
 
へっぽこリーマンには、絶対に手の届かないアイテム、宝くじでも当たらないかなぁ。
 
※これからが楽しみです!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事