リリース
いきなり『プロファイルフィッティング』のカスタムクラブと週一レッスンでゴルフデビューした【初心者】は今どうなったのか!?

紹介者が報告に。。。。

「これからゴルフを始めるんだけど、使えるクラブの用意と週一練習でラウンドデビューさせて欲しい」

いきなり「プロファイルフィッティング」によるカスタムクラブ制作と「週一」のレッスン&練習だけでゴルフデビューできるか?の【その後】

「無茶なお願いだったですが、今ものすごくゴルフにハマっているんですよ!

私が紹介したのに、今やこっちがラウンドに誘われるくらいです(笑)

とにかく『ゴルフが楽しい』みたいで、休みがあると【練習】【練習】【ラウンド】のペースですって」

「プロファイルフィッティング」で行ったこと

「GEARS」を使用した「プロファイル」診断で、まずラウンドデビュー時に「使えるクラブ」のスペックと選定をスタートしました。

結果としてカスタムクラブを制作することになりましたが、「何が良いのか分からないから予算はかけたくないし、続けるのか分からない」

のコメントを受けて、新品クラブや中古クラブも視野に入れた中で選んで行きました。

デビュー前に何をレッスンしたのか?

デビューがいきなり「社内コンペ」という限られた状況と時間の中で、

「ゴルフが好きになるため」の準備に集中しました。

そもそも【ゴルフは難しい】、だからゴルフは楽しい。

をまず伝えた上で、「コースでは何をする必要があるのか?」に特化した内容から優先順位をつけ練習してもらいました。

早めの「シミュレーション」ラウンド

デビュー&レッスン

ゴルフを始める際に「まずたっぷり練習場でレッスン」の考えと、

「いきなりゴルフ場の気持ちよさを体感させるべき」の考えは

どちらにも意味があります。

今回のケースは「ラウンデビューがコンペ」だったため、周りの人に迷惑をかけたくない意識と、いちゴルファーとしてゴルフは面白いのか?」の疑問の両方に答える必要がありました。

そこで選んだのが、インドアゴルフレンジKz

http://kz-golf.tokyo/

での「2Dラウンドレッスン」

まずはインドアで「あまり結果を気にせず」クラブに対する動作と取り扱いをつかんで、ラウンドモードへ。

コースでやらなければいけない「時間の使い方」や「ミスに対する次のショットへの心構え」や「対処方法」など限られた時間の中でこなして行きました。

ボールが飛んでいく姿を見て「ギャップ」を埋めるため

王子駅前「サンスクエアゴルフ」練習場へ

ご自身の都合もあり「インドア練習」が続き全く飛んでいくボールがどんなものか?分からないまま時間が過ぎました。

もちろん弾道測定機器による「データ」はありましたが、そもそも

初心の方には数字の意味が何なのか?ピンとこなかったのも無理はありません。

最初は「ボールの上がり」に戸惑うことも考慮して、2F打席へ。

それでも「ボールを上げよう」「ドライバーを飛ばそう」

とあらゆるミスを繰り返します。

「ゴルフはもともと難しい」を知っている上で

練習していると、不思議と「ナイスショット」に自信がつきます。

フロントには「ゴルフパートナー王子サンスクエア店」も併設。

ボールグローブ、ティーなどを揃えることができラウンドの準備も充実しました。

飛ぶボールを見て「メンタルが変わる」

再び「2Dラウンドレッスン」へ

【コースでやれること】を整理

いくら自分に合わせたクラブセットでも「メンタル」までカバーしていきなりナイスショットを打つのは難しいことです。

しかも初心者なら「コースラウンド」自体を知らない中で、結局

「バタバタした時に何をやれば良いのか?」に集中してレッスンを進めて行きました。

デビューの一番の収穫は

「またゴルフに行きたくなること」

今回は、「初ラウンドは幾つで回ったか?」の野暮なことは控えておきます。

特に仲間同士でゴルフをしていく上で、一番大事なミッションは

「また誘ってもらえる」「また行きたくなる」事だと話しあったからです。

初心者の皆さんが【迷惑をかけたくない】の気持ちも、仲間だからこそ。

今回は特別に個人専用の「プロファイルレッスン」も発動しましたが、兎にも角にも『ハマって楽しんでくれている』事が一番嬉しい事です。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事