リリース
ご覧頂きありがとうございます。
沢山ある【動画】から写真を切り出して
反転してみました。
※後藤先生はレフティです。
【唯スイング】【唯トレーニング】ばかりが取り上げられた『大型スクエア打法』ですが、
実は後藤先生が一番苦労していたのが
【唯クラブ】問題でした。
せっかく未来有望な研修生やプロが育ってきても、
【本人が使いたいクラブ】と【コーチの眼で使うべきクラブ】のリンクが全く解決されないまま時間ばかりが過ぎてしまいました。
研究生やプロほど『明日の結果が大事』つまり、一般ゴルファーと変わらない【メンタル】も持っています。
『◯◯が飛ぶ!』なんて聞けば使ってみたくなる生徒の【気持ち】は、大御大である後藤先生から見れば『愚の骨頂』でしかありません。
そこで僕に与えられたのが、
『御大オススメ』に近い現代クラブやスペック探し。
理想は『スクエア打法に合う』ギア探し。シャフトやヘッドなど
『こうあるべき』ヘッドやシャフト論を沢山聴きました。
しかし、生徒である研修生は『未熟』なため必要性が享受出来ず脱落…。
それをみて感じたのは、
弾道測定器もない時代に
『スピン量が少ない』からメタルウッドを勧めたり、
『距離とスピン量のコントロール』のために
PWとSWの間に【P/S】ピッチングサンドを勧めたり。
ギアとスイングを『同じ基準』でコーチングされたら、そりゃ大復活しちゃいます!
大選手でありながら、二人三脚で基礎を作ったジャンボ尾崎プロは、やっぱり凄いです。
とはいえ、ギアの話になると
『こんな感じ…』になる後藤先生。
一流選手目線でギアを診ていたので、
【良し悪し】は自分が打てば判断出来ても
『下手クソの気持ちは全く理解できない』
と言っていました。
ちなみに先生自身は、ずっと
スチールシャフトが装着された40年くらい前のアイアンがエースでした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事