リリース
ご覧頂きありがとうございます。
『ゴルフマイウェイ』における【ハンドファースト】について考察したいと思います。
ところで
【ダウンブロー】とセットになる事が多い【ハンドファースト】ですが、そもそも入射角と手とクラブの関係性は別の話と考えるべきでしょう。
あえて関連つけるなら、通常のショットより入射角を鋭角にしたい場合には、よりハンドファーストの度合いを強めた方がやり易い…事はあります。
しかし、『ゴルフマイウェイ』における【ハンドファースト】の役目は、
⑴不用意なダフリトップを防ぎボールに直接コンタクトする
⑵グリップが先行する事で、フェースの過度な返り過ぎを抑制する
事です。

 

基本的な持ち球がフェードボールのニクラウス選手にとっては【基本】になりますが、かと言って
【入射角をダウンブロー】にする事を強く勧める記述はほとんどありません。
むしろ通常のショットは
『出来るだけでヘッドが地面にフラットに動くべき』
『ウェッジでもインサイドから浅い軌道でインパクトするべき』
と強調しています。
『ゴルフマイウェイ』における、ニクラウス選手の【私の方法】には
より具体的に読み解くための
『ゴルフィングマシーン』や『スクエア打法』などのフィルターが必要になります。
沢山ある【方法論】は、表現や生まれた時代や場所が異なっていても
【要点】や【コツ】が非常に近く、より簡単な『ショートカットキー』に変換しやすかったりします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事