リリース

ご覧いただきありがとうございます

朝から冷たい風が降ってる大阪
冷え込みは少しマシですが
やはり冷蔵庫状態のグットショット店内
しっかり防寒して
少し暖房入れて頑張ります
さて、表題の模造品????
某大手メーカーのUSモデルのドライバーをネットでお買い求めされ
グットショットラボにチューンアップに持ち込まれたクラブ
事前測定し ロフト、フェースアングル共に問題無し
早速シャフトを抜いて
各パーツの重さを計ってましてら
なんだかおかしな事に

6 Sで68.5g

しかもドライバーの長さ45.0インチですので
バット側をカットしてる状態での重さ
シャフトの中や先端に重りもついておらず
不思議に思い USモデルだからかなと思い
アメリカフジクラのサイトを見て重さを確認

46インチで65グラム

USモデルのドライバーを売ってる
アメリカのサイトを見ても

こちらは64グラム

お預かりしたシャフトは44インチで68.5グラム
たまたま昨日師匠の店で60 Xのドライバーから抜いたシャフトを発見
計ってみましたら

59.6グラム

9グラム重いのは公差内とは言えないと思うので
恐らく……
お客様にご連絡して作業をお断りさせて頂きました
もし万が一模造品でそれを改造したとなると
シャフトの折れや事故が起こってからでは遅いですからね
信用問題ですから
こんなのは見たこと無いです
ネットショップならきちっとクレーム入れた方が良いと思うのですがね
コロナウイルスの影響で
ゴルフクラブの納期に影響が出始めてます
ヘッド単体は別の国でも
パーツなどは中国製が多いです
異様に納期の早いもしくは安い物は注意した方が良いと思います
まあ ネットでゴルフクラブを買うのはお勧めしてませんので
それでは本日も皆様のご来店、ご相談、試打お待ちしております

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事