リリース
ご覧頂きありがとうございます。
YouTube動画で、こんなコンテンツがありました。
左が40歳(1980年)、右が27歳(1967年)時

1980年と言えば、『Jack is back!』

全米オープンで青木選手と死闘を演じ大復活優勝をした、日本のゴルフファンにとっても歴史的な年です。
2つの写真を見ると
【ゴールデンベア】に相応しい、力強い27歳時と比べると40歳時は【帝王】らしいと言えます。

しかも、選手としてのピークを過ぎていた

にも関わらず、この6年後にはマスターズで大逆転優勝も飾ります。
ニクラウス流のアンチエイジングは

ひとつは【イメージチェンジ】と呼ばれる、

ダイエットによるカラダのスリム化です。
歳を重ねればパワーが落ちるばかりではなく、
カラダの可動域も狭く硬さが出るもの。
自ら『カラダが硬いタイプ』と語っている
ニクラウス選手の場合、ダイエットによる
軽いカラダとワイドだったスタンス幅を
狭くする事で、肩や腰の運動量を維持した
と言えるスイング写真です。

他にも沢山あります!

(後編に続く)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
(表紙は渋野日向子プロ&畑岡奈紗プロです)マーク金井さん、鹿又芳典さん、永井宏プロ、鶴原弘高さん、関浩太郎プロ、コヤマカズヒロさん、篠原嗣典さん、野村タケオさん、『裏支え薄フェース』新機軸を語って下さいました〜【発売中】週刊パーゴルフ「ギアハック」
トピックス
(表紙は渋野日向子プロ&畑岡奈紗プロです)マーク金井さん、鹿又芳典さん、永井宏プロ、鶴原弘高さん、関浩太郎プロ、コヤマカズヒロさん、篠原嗣典さん、野村タケオさん、『裏支え薄フェース』新機軸を語って下さいました〜【発売中】週刊パーゴルフ「ギアハック」
今回ご出演いただきました「識者」の皆さん マーク金井 さん 58年生まれ。クラブアナリストの第一人者で、自らもクラブや練習器具の開発 を行う...