リリース
ご覧頂きありがとうございます。
年齢に関係なく【自分と向き合いながら】
ニクラウス選手の驚異的な長寿は、ケガや
スランプを予防しながらマイナーチェンジを続けた興味深い方法です。
写真の角度が微妙に違うので分かりにくい?
ですが、
肩・腰ともに27歳時ではアップライトを最優先にしていますが、40歳時には僅かにヒールアップを増やし【回りやすさ】を取り入れてフラット気味にしています。

ベースに【タテ】と【ヨコ】のスイング方法があれば、

年齢やカラダの硬さに合わせて、飛距離と方向性を両立するためのカスタマイズが出来ます。

もう一つ、カラダが硬くても
捻転差(現代でいうXファクター)を作り出しているのが、
ニクラウス流・両脚の『ロール』です。
日本では【エラー】と呼ばれている動きです。
日本ではニーアクション。
しかし、『ゴルフマイウェイ』では両足首くるぶしを倒す動作がフットワークをリードする動作として『スイング向上ドリル』まで記載されています。
インパクト以降、左足はカカトでカラダを支えるため

左足の親指は地面から離れて【めくれ】ます。

これは振り切ると起きる現象ではなく、重要な
ニクラウス流の【マイウェイ】です。
パワフルに押し込むような27歳時と、
しなやかに進展する40歳時では
両脚の【ロール】にも微妙な違いがあります。

年齢やカラダの違いによる細かい方法こそ違いますが、

スイングで行う【狙い】は基本的に同じです。
最大限かつアップライトなクラブ軌道による
【飛距離と方向性の両立】
年齢やカラダの硬さによって、使い方やバランスは微調整していくもの。
・カラダが硬いなら、腰や脇を無理に固定せず
大きく回す
・捻転差は、切り返しで最大化する
・アタマの位置を管理する事で、大きく脚を使ってもバランスは失わない
…など、【飛ぶ要素】と【曲がらない要素】の組み合わせも微妙に調整している事が分かります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事