リリース

堀田くんご無沙汰しています。
あなたの最新のスイング動画の前後の画像を送ってください。
あなたのスイングと我々がこれまで交わして来た会話から新しいレッスンが生まれそうです。
新しい…と言う言葉は誤解を生むので「新たな気づき」と訂正します。
試行錯誤や間違った方向性も包みなく話したくて!
私はゴルフスイングとドラコンスイングは別けて考えるべきだと思うのです。
宜しくお願いします。
これが今日撮ったスイングです。
まだ冬場なので全体的に重たいです。
体重も以前と比べて、かなり増えてます。
暖かくなってくると、もう少し体が動くと思いますが、まだ軽く振ってます。
Hirata
ありがとうございました。
体重は増えた方がいいと思います。
前回の動画よりもインパクト時の伸び上がりが少なくなっていてボールに圧が掛かっています。
フルスイングをした時もこの動きが変わらないならかなりイケるのでは?
このスイングでクラブヘッドスピードは55くらいですか?
Hotta
そうですね、たぶんトラックマンで54〜55ぐらいと思います。
因みにこの動画は、一昨年の暮れにインフルエンザ罹患して体重が5キロ程落ちた時の映像です。
はっきり言って全く振れてません。
この影響で昨年はまったく駄目でした。
やはり、筋力はかなり必要です。
この時は90キロぐらいで、筋肉もかなり落ちていました。
今は100キロ近くあり、まぁまぁウェイトトレーニングしてます。💪
Hirata
今回のレッスンはドラコン選手とツアープレーヤーのスイングの違いを行います。
ドラコン選手のスイングはゴルフスイングとは別物だと考えています。
勿論ドラコン選手の飛距離のノウハウをツアースイングに生かす為にはどうするのかを説明します。
体重は上腕の筋力を落とさないように可能な限り増やしてください。
体重は120kg迄…出来れば…😆
今回Jacobと連絡を取り、その打法を分析した結果です。
Jacob Gollidayの動画です。
Hotta
最近の世界のロングドライブの選手たちは、あまりオーバースイングの選手は少ないと思います。
PGAツァーの選手とは全くスイングは違いますけどね。
かなりスイングが良くなっていると思います。
Hirata
昨年の覇者でもあり現在ワールドランキングNo1のKyle BerkshireはJacobの友人です。
共通点はインパクト時に2人とも地面から完全に脚が浮き、跳んだ「上体」でボールに圧縮を掛けています。
これが今回のレッスンのポイントです。
「跳びように!」とはレッスンしませんよ!😆
息子も程度の差はあれ跳んでます。
右脚が我慢しているのでツアー系スイングですが…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事