リリース
ご覧頂きありがとうございます。
の後編です。
トップが浅くなり『早打ち』になってしまう人は、バックスイングを【深く】を意識するより
フィニッシュの【捻転性】を増す方がバランスが良くなります。
長いインパクトゾーン【ハブの維持】に寄与しているのは、足首からリードです。
胸や腰はパターのように止まったりせず、
アドレスとは全く違う向きに回転します。

ただ、インパクト以降は一番早く動いている

【ヘッドがリード】しているように、
フィニッシュに向かいます。
凄く乱暴な言い方をすると、インパクト以降は
『上半身リード』になります。

ずーっと【腰を回して…】では、いつまでも

腰より肩が深く回る事は出来ません。
次回からは、
【クラブで出来る】スクエア打法を暴露していきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
【9/5発売】超高弾性炭素繊維平織シート『70t カーボンクロス』やマルチフーププライ積層設計、高性 能中弾性炭素繊維『“パイロフィル”MR70』、『MCT®』など最先端の技術と素材による改良を加え、インパクトの 強さを追求すると共に飛距離性能を一段と向上させた『Speeder EVOLUTION VI(スピーダー エボリューション シックス)』
リリース
【9/5発売】超高弾性炭素繊維平織シート『70t カーボンクロス』やマルチフーププライ積層設計、高性 能中弾性炭素繊維『“パイロフィル”MR70』、『MCT®』など最先端の技術と素材による改良を加え、インパクトの 強さを追求すると共に飛距離性能を一段と向上させた『Speeder EVOLUTION VI(スピーダー エボリューション シックス)』
 藤倉コンポジット株式会社(本社:東京都江東区有明、代表取締役社長:森田健司)は、2014年の発売以来 ご好評をいただいているフジクラシャフ...