リリース
ご覧頂きありがとうございます。
ジオテックゴルフコンポーネント
で長期連載していた
『筒康博のカラクチレポート』を久々に
アップします!
今回特別に6月に発売予定の
『スーパーQUELOT』ドライバーを
試打させて頂きました!

今までのQUELOTシリーズとは一線を画した、

フルモデルチェンジしたデザインは
とっても斬新です。
まず、構えた時のヘッドの見え方。
クラウン部のカラーリングが高級感のある
グラデーションになっています。
【ブルー&グレー&ブラック】に見えますが、
コースでは光の加減で色々な変化がありそうです。
今回は、何も事前情報がない『ノーヒント試打』
なので。
勝手に推測しながら書かせて頂きますm(_ _)m
今までのQUELOTシリーズは長年、
シャロー&深重心コンセプトで
簡単に上がってつかまるシルエットでしたが。
『スーパーQUELOT』は
フェースセンター部は、比較的ディープに。
しかし、トゥ部はストンッと!落ちているので
ヘッド前方部にエネルギーが集中している
デザインになっています。
ソール前方の波型は、BB4チック?
打ってみます!
ちょっとボールが上がらないかな?

と思ったら、打ち出し角は僕でも充分

得られました!

装着シャフトが結構しっかり動くので、
スペックが選べれば全然問題なし。でした。
試打クラブはQUELOTシリーズらしく、若干長さがありましたが。
このヘッドは、QUELOTっぽいスペックに
しなくても良い気がします。
ジオテックゴルフ的な【高打ち出し&低スピン】
を形にした!
っていうヘッドです。
試打クラブは発売前の『αスペック』でした。
もちろん、適合モデルも発売予定だそうなので
改めて試打したいと思います。
ロフトバリエーションもあるので、
対象ターゲットを絞って【黄金スペック】
考えてみたいです。
せっかくなので、【どQUELOT】こと
『QUELOT BLACK』との比較も
アップしてみようと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事