リリース

あばよ、スライス。

BIG BERTHAで、ゴルフが変わる。

 キャロウェイゴルフ株式会社(東京都港区白金台社長:アレックス・ボーズマン)は、「BIGBERTHA」シリーズのドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンを2020年10月9日から順次、CallawaySelectedStoreとキャロウェイゴルフオンラインストア(callawaygolf.jp)にて発売いたします。

 スライサーにまっすぐ、遠くへ飛ばす喜びを味わってもらうべく、新開発されたのが、「BIGBERTHAシリーズ」です。最大級のドローバイアス設計を施したドライバーや、オフセット設計のラージヘッドを採用しているフェアウェイウッドとユーティリティ、そしてワイドソール設計などでアイアンもやさしさを追求。更に、AI設計によるFLASHフェース、JAILBREAKテクノロジー、トライアクシャル・カーボンクラウン、ビジブル・タングステン・エナジー・コアなどキャロウェイの最先端テクノロジーを惜しみなく注入したのが、この「BIGBERTHAシリーズ」です。最先端テクノロジーとつかまりの良いヘッドでスライスを軽減し、スライサーに大きな飛びと喜び、そして自信をもたらしてくれるシリーズです。

 

ドローバイアス設計でスライスを軽減。

まっすぐな弾道で、大きな飛距離を実現

「BIGBERTHAドライバー」は、ヒール部を厚めに施したボディに加え、ソール後方にスクリューウェイトを搭載、最大級のドローバイアス設計で高慣性モーメントのヘッドとなっています。よりフェースターンがしやすく、ボールをしっかりとつかまえて、まっすぐに飛ばすことが可能です。また、ネック部にはアジャスタブルホーゼルを採用。ボールのつかまり具合などを、よりプレーヤーに合ったものに調整することができます。

キャロウェイの最先端テクノロジーと

つかまりの良いヘッドが、

飛びと安定感をもたらす

ヘッドのフォルムやショートレングスのクラブ長さは、プレーヤーに自信を与えるだけでなく、実際にやさしさも向上させています。ラージヘッド、大きめのオフセットとリアルロフトは、ミスヒットへの強さやボールのつかまりの良さなどをもたらし、低く長いリーディングエッジは、ボールの捉えやすさに貢献しています。また、ヘッドの低重心設計と組み合わさることで、トップ気味の当たりであってもボールが上がりやすくなっているところも特徴の一つです。ショートレングスは言うまでもなく、高いミート率を実現してくれます。

低・深重心設計と大きめのオフセットで、

つかまりの良さとボールの上がりやすさを可能に

「BIGBERTHAユーティリティ」では、ラージヘッドと大きめのオフセットを採用しています。これにより、ミスヒットへの強さやボールのつかまりの良さ、ボールの上がりやすさなどがもたらされ、弱々しく右に曲がっていくスライスボールを防止。力強く、高弾道で、まっすぐなボールを実現します。

ビジブル・タングステン・エナジ―・コアが

つかまった高い弾道を生み出す。

この上ないやさしさで、グリーンを狙え

FLASHフェースカップやビジブル・タングステン・エナジー・コアといった最先端テクノロジーは、大きなオフセットとワイドソールを持つヘッド形状と組み合わされています。これは、約30年前に登場した「BIGBERTHAアイアン」からスタートしている、キャロウェイの伝説的、伝統的な形状で、このアイアン以降、「キャロウェイのアイアンはやさしい」というイメージが定着しました。ボールがよくつかまって、上がりやすく、まっすぐ飛ばせる設計であり、また多少のダフリでもボールを飛ばしてくれる、高い寛容性も持ち合わせています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事