リリース
早速、本題に。
スイングのビッグデータは、目的に合わせた
【方法】を探る上で重要でした。
長年やりたかった、J・ニクラウス氏の
スイングエッセンス。
日本ではスクエア打法だけが唯一研究して
いましたが。
グローバルではビッグデータと共に統計されて
いました。

この瞬間の『ここってどうなってる⁉️』は、

3Dスイングデータで
【流れ】や【目的】【理由】と共に
明確な数字が裏取り出来ています。
今やスイング作りに関しては、
センスや精神論より【具体的な達成値】を
求めて構築する事が出来ます。
①あとは、スイング作りの目的を
見た目だけでなく【インパクト現象の改善】
に基づいて行うかどうか⁉️
②自分で行う為の、ショートカットキー化
③結果を伴う為の、ギア選択と取り扱い

もちろん、

ヘッドやシャフトだけでなくグリップを含めた
【クラブとしての完成度】の充実があるに
越したことは言うまでもありません。
昔も今も、
【良かれ】とされているレッスンやアドバイスが
沢山ありますが、
HITTER向けとSWINGER向けに分けた上で
選別しないと【逆効果】を生んでしまいます。

アマチュアの90%以上がHITTERと

言われていますが、
練習ではSWINGER傾向が見られる
HITTERも沢山います。
◯◯理論に飛びつき失敗する前に、
まずHITTER要素・SWINGER要素の確認を。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事