リリース

 新『TP5』ボール、SIM2 フェアウェイウッドなど、

最新テクノロジーを搭載したギアが優勝に大きく貢献

「テーラーメイド」契約のコリン・モリカワが「WGC-ワークデイ選手権」(2 月25 日-2 月28 日/開催場所:コンセッションGC/ フロリダ州)において、最新テクノロジーを搭載したテーラーメイドの新製品、新『TP5』ボールや『SIM2 フェアウェイウッド』などを武器に首位でスタートし、18 アンダーまでスコアを伸ばして優勝。世界ゴルフ選手権のタイトルを獲得しツアー4 勝目を飾りました。今回の優勝により、世界ゴルフランキングも4 位にアップしました。

新『TP5』ボールは「ツアーフライトディンプルパターン」を新たに開発し、ディンプル形状をこれまでよりも浅く、壁の角度を急にすることで上昇時の空気抵抗減少と落下時の揚力増加を実現し、弾道性能が飛躍的に向上しました。

『SIM2 フェアウェイウッド』は、軽量カーボンクラウンと軽量チタンフェースを採用し、ヘッド体積を170CC へと小型化を図り、さらなる低重心と深重心実現し慣性モーメントを向上させました。また、従来の「SIM」からさらに進化した「V スチールソール」を搭載し、ソールの接地面積を最小限に抑え、抜けの良さ操作性を提供します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事